> >> 家族に内緒でお金を借りれるカードローンは?

家族に内緒でお金を借りれるカードローンは?

家族に内緒でお金を借りたい人は、世の中少なくないのではないでしょうか。

趣味にお金を使い込んでしまったり、家計のやり繰りで失敗してしまったり、理由は様々ありますが、家族に内緒でお金を借りたい人は多いはずです。

しかし、消費者金融・銀行のカードローンを利用すれば書類やカードが送られてきて、お金を借りたことが家族にバレるのではないだろうか、と不安を抱いているかもしれません。

カードローンの契約方法によっては、書類やカードの郵送で家族にバレてしまう可能性がありますが、幾つかの条件を満たすことで家族にバレずにお金を借りることができます。

以下に、カードローンの利用が家族にバレるケースの一例を幾つか挙げておきました。

・本人確認の電話連絡
・契約書類の郵送
・専用ローンカードの郵送
・利用明細書の郵送
・支払い督促の封筒またはハガキ

上記はどれも家族にバレやすい事例ですが、すべてとある条件を満たせば回避できます。

この記事では、カードローンを利用したうえで家族にバレない方法を解説していきますので、カードローンの審査に申し込みする前に目を通しておくことをオススメします。

カードローンの審査の本人確認は携帯電話を利用しよう!

カードローンの審査に申し込めば、基本的に本人確認の電話連絡は避けられません。

本人確認の電話連絡では、カードローンの審査申し込み時に記入した電話番号にかけてきます。

固定電話または携帯電話の番号を記入しますが、家族に内緒でお金を借りたい人は自宅の固定電話の番号は記入しないようにしましょう。

携帯電話の番号を記入すれば本人確認の電話連絡は携帯電話にかかってくるため、家族にバレるリスクを減らすことができます。

心配事としては、固定電話の有無がカードローンの審査の有利不利に繋がってしまうのではないだろうか、と悩む人もいらっしゃるかもしれません。

一昔前は固定電話の有無が有利不利に関係していると言われていましたが、近頃は電話加入権不要の固定電話が台頭してきたこともあり、ほぼ審査結果に関係なくなりました。

カードローンの審査申し込み時には、携帯電話の番号を記入することが賢明でしょう。

自宅に郵送物なしのカードローンを選びましょう!

カードローンを利用すれば、利用明細書・専用ローンカード等の郵送物が自宅に届くことがあります。

利用明細書・専用ローンカードが自宅に届いた場合、家族が勝手に開封してしまったり、キャッシング業者の社名入り封筒だったりして、バレてしまう可能性があるでしょう。

一般的にカードローンは郵送物がありますが、近頃は郵送物なしのカードローンが増えてきました。

例に挙げれば、WEB完結の契約方法を提供しているカードローンは、郵送物なしのところが多いです。

大手消費者金融では、モビット・プロミスがWEB完結の契約方法を提供しています。

WEB完結では、審査申し込みの段階から融資を受けるまですべてインターネット上で完了するため、パソコン・スマホ所有者は積極的に検討するべきです。

また、WEB完結の契約方法を提供していないキャッシング業者でも、利用明細書をWEBで確認するWEB明細を利用できたり、専用ローンカードは本人限定受取郵便だったりで、家族にバレずにお金を借りることができます。

以上のようにインターネット回線に繋げる環境の人は、郵送物なしでお金を借りられる可能性がありますが、返済に滞納した場合はその限りではありません。

返済に滞納したケースでは、キャッシング業者は必ず自宅に滞納の旨を記した書類を郵送してくるため、返済に滞納しないように心がけなければなりません。

また、専用ローンカードを利用せずに口座引き落とし返済を利用する人は、つい口座に残高が足りないといったことがあり、滞納に繋がってしまうこともあります。

家族に内緒でお金を借り続けたい人は、完済するまでは絶対に返済を忘れないように注意しましょう。

店舗・自動契約機でカードを受け取る!

キャッシング業者でお金を借りる方法は、専用ローンカードを介してATM融資または銀行口座振込融資のどちらかが一般的になります。

上記項目で紹介したWEB完結を利用した契約方法では、銀行口座振込融資を受けることになります。

一方、専用ローンカードを介してATM借入・返済を希望している人は、店舗・自動契約機に足を運んで専用ローンカードを受け取るようにしましょう。

店舗・自動契約機で審査に申し込みしても構いませんし、事前にWEB審査を受けてから店舗・自動契約機に専用ローンカードを受け取りに行く方法もあります。

ただ、専用ローンカードは上記項目でも紹介した通り、郵送の場合でも本人限定受取郵便のため、家族が勝手に受け取ることはできませんので、基本的にバレないでしょう。

とはいえ、少しでも家族にバレるリスクを抑えたいのであれば、店舗・自動契約機に足を運んで専用ローンカードを受け取ることがより確実と言えるはずです。

家族(配偶者)にバレずにカードローンを利用したい!

専業主婦の方で、配偶者にバレずにカードローンを利用したい人もいらっしゃるかもしれません。とはいえ、専業主婦の方は収入を得ていないため、消費者金融ではお金を借りられません。

というのも、消費者金融は貸金業法の総量規制で年収の1/3以上の融資を禁じているため、そもそも収入を得ていない専業主婦は消費者金融を利用できないのです。

ただ、消費者金融でも配偶者貸付制度を利用すればお金を借りることはできます。しかし、配偶者の同意書や収入証明書類の提出が必須のため、内緒では利用できません。

そこで、貸金業法の総量規制対象外の銀行のカードローンの利用を挙げることができます。

銀行のカードローンは、法律上では専業主婦に融資が可能のため、専業主婦の申し込み可能の銀行であれば、充分可能性はあるでしょう。

ただし、配偶者の収入証明書類の提出や在籍確認を行っていないカードローンを選ばなければ、配偶者の方にバレてしまうかもしれません。

配偶者の収入証明書類の提出不要かつ在籍確認を行っていない銀行のカードローンは、有名所では三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」です。

他にも銀行のカードローンは専業主婦でも可能のところが多くありますので、コールセンターに連絡して内緒で借りられるか尋ねてみる方法も得策でしょう。

家族に内緒でお金を借りたい人まとめ

上記に解説してきましたように、家族に内緒でお金を借りることはできます。

ただし、幾つか挙げてきた条件を満たさなければ、家族にカードローンを利用していることがバレてしまうかもしれません。

それでは、この記事で解説してきた重要なポイントを以下に簡潔に記しておきましょう。

・カードローンの審査申し込み時に固定電話ではなく携帯電話の番号を記入する
・自宅に郵送物なしのカードローン(主にWEB完結)を利用する
・返済の延滞・滞納をしないように注意する
・店舗・自動契約機に足を運び専用ローンカードを受け取る
・専業主婦は配偶者の収入証明書類の提出不要・在籍確認なしの銀行のカードローンを選ぶ

また、上記に挙げたこと以外の初歩的注意点として、自身でカードローンの利用を感づかせるような言動をしたり、専用ローンカードを財布の見えやすいところに入れたり、といったことはしないように重々注意しましょう。

お金を借りる為の知識

カードローン

消費者金融