> >> 会社の在籍確認なしでお金を借りることはできる?

会社の在籍確認なしでお金を借りることはできる?

消費者金融などからお金を借りることを検討している人にとって、最大のネックとなるのが「在籍確認」だと思います。

在籍確認というのは消費者金融や銀行カードローンなどの担当者が、あなたがネット等でローン申し込みをしたときに「ここに勤めています」と申告した勤務先にあなたが本当に在籍しているかどうかをチェックする手続きのことです。

カードローンは通常は無担保のローンになりますので、お金を貸す側(消費者金融や銀行など)の立場からすると、貸したお金がちゃんと帰ってくるかどうかは申し込みをした人のお給料だけが頼りということになります。

そのため、消費者金融や銀行はこの在籍確認についてはかなり厳しくチェックしてくるのが普通なのです。

でも、「消費者金融や銀行からお金を借りようとしている」なんて勤務先の人たちにはぜったいに知られたくないというのが普通ですよね。

ここでは金融機関からお金を借りるときの在籍確認を避ける方法や、どうしても避けられない場合に勤務先の人にバレないようにするための方法について解説させていただきます。

在籍確認なしで借りられるケース

消費者金融や銀行カードローンの場合、50万円を超える借入申し込みの場合には電話による在籍確認が必須であることが多いです。


逆にいうと、50万円未満の借入額であれば書類による在籍確認だけでOKとしてもらえる"可能性"がりますので、たとえば合計で70万円を借りたいという場合にはA社で40万円、B社で30万円という借方であれば電話による在籍確認なしでお金を借りられる可能性があります。

50万円未満の場合に電話による在籍確認が不要なところとしてはモビットやアイフルが有名ですね。

プロミスなども書類提出のみでOKとしてもらえることが多いですが、消費者金融大手のアコムでは電話確認が必須という口コミが多いです。

電話による在籍確認はぜったいに避けたいという方の場合はまずはモビットやアイフルから優先的に申し込みをしてみると希望にそう形でお金を借りられる可能性が高いでしょう。

電話確認は避けたいことを伝えておくこと

電話による在籍確認を避けたい場合には、連絡をくれる金融機関の担当者に「できれば勤務先には連絡がいかないようにしたいのですが...」とひとこと伝えておくのを忘れないようにしましょう。


金融機関の担当者としてはできれば勤務先への電話での在籍確認をとり、もし申し込み者から希望があれば書面だけでOKとするかどうかを検討するというかたちで審査手続きを進めている可能性が高いです。

上のように勤務先への連絡を避けたい旨を伝えると「了解しました。それでは書面審査だけで問題ないか確認してみます」といった形でいったん電話を切ったのち、再度可否について連絡をしてくれますよ(無理な場合はその場で無理と伝えてきます)

「会社に勤務していること」を信用してもらえればOK

少額での借入申し込みの場合は、書面だけで在籍確認を完了としてもらえる可能性が高いです。

その場合、提出するように求められる書類としては社会保険証のコピー(ネット経由の場合はスマホのカメラで撮影でもOK)、直近数ヶ月分の給与明細が必要になります。

社会保険証や給与明細には勤務先の企業名称が記載されていますので、事前に申告した勤続年数などと整合性がとれていれば在籍確認完了としてもらえる可能性が高いです。

もちろん、手取りの年収や勤務開始時期などが正しくない場合には審査落ちとなってしまう可能性がありますので、ネット申し込みをするときには正しい情報を入力するように気をつけておきましょう。

勤め先がない専業主婦の在籍確認は?

主婦の方がカードローンを利用したいと考えた場合、消費者金融は利用できず、銀行系カードローンだけが選択肢となります。


消費者金融の場合「総量規制(そうりょうきせい)」というルールがあるため、本人に収入がない場合には審査落ちとなってしまうのです。

銀行系カードローンの場合、専業主婦の方専用の受付窓口があることが多いです。

その場合には特に在籍確認等は行われず、夫に連絡が行くこともありません(自宅や申込者の携帯電話につながるかどうかだけの確認となることが多いです)

専業主婦として生活ができているということは、夫が一定額以上の収入を得ていることが前提となるため、申込者本人に収入がなくても貸す側としても安心できるというわけですね。

ただし、専業主婦の方の申し込みの場合は借りられる金額は多くても30万円程度となってしまいますので注意しておきましょう。


派遣社員の在籍確認は派遣元?派遣先?

派遣社員の方でも、毎月一定額以上の収入がある方であれば金融機関のカードローンを利用することができます。

その場合、勤務先として派遣元の会社(派遣会社)と、実際に仕事をしている派遣先の会社のどちらで在籍確認をするかが問題となりますが、基本的には派遣先の企業ということになるでしょう。

派遣元に登録がされていたとしても、登録だけで実際には仕事はしていないという状況は珍しくもなんともありませんので、金融機関側としては派遣元に在籍確認をしても収入の裏付けがあることを確認できません。

もし派遣元を勤務先として申し込みをした場合、あらためて派遣先の情報を確認されることになると二度手間となってしまうので注意しておきましょう。

それでも在籍確認が必要な場合

借入申し込み額が大きい場合や、そもそも書面だけでの在籍確認に対応していない金融機関の場合には、勤務先に電話がかかって来ることになります。

できる限り時間と内線を指定する

在籍確認の電話はできれば自分で取るようにすれば職場の人にカードローンを使おうとしていることがバレる可能性は低くなります。

そのためにもできる限り金融機関の担当者に電話をする時間と内線番号などを指定しておくようにしましょう。

金融機関の担当者側も勤務先にカードローン会社の担当者から連絡が来ているということを知られたくないという事情は理解してくれていますので、出来る限り対応してくれますよ。

自分で電話が取れない場合

在籍確認の電話はできれば自分でとりたいところですが、内勤の仕事をしている人の場合は「自分に対して電話がかかってくる」と言うこと自体がイレギュラーなことという場合もありますよね。

以下では在籍確認の電話をとらざるを得ない場合に、職場の同僚にカードローンを利用しようとしていることがバレないようにするための方法を解説させていただきます。

車買おうと思ってるから電話あるかも...

車をローンで購入することは決して珍しいことではありませんよね。

マイカーローンは利息が非常に安いため、お金にある程度余裕があるという人であっても利用するケースは多いです。

在籍確認の電話がかかって来る前に、職場の人に「今度車買おうと思っているから、マイカーローンの審査で職場に電話かかって来るかも」と一言伝えておくと、消費者金融などからお金を借りようとしているのはバレない可能性が高いでしょう。

クレジットカードを作ろうと思っているので...

同様の理由で、クレジットカードなどを新しく発行したいときにも勤務先に在籍確認がある場合があります。

クレジットカードならお金に余裕がある人でも新たに発行するのは珍しくありませんので、もしあなた以外の人が電話を取っても恥ずかしい目にあう可能性は低いでしょう(こちらも事前にクレジットカード会社から連絡があるかもしれない、と伝えておきましょう)

在籍確認「まとめ」

今回は、消費者金融や銀行カードローンなどの金融機関からお金を借りるときに、在籍確認を上手にクリアする方法について解説させていただきました。


結論的には50万円を超えるような高額のローン申し込みの場合には電話による在籍確認を避けるのは難しいですが、これを超えない少額の申し込みである場合には書類による在籍確認でOKとしてもらえる可能性があります。

もし電話による在籍確認が必須とされた場合にも、本文で解説させていただいたような方法(まわりにこういう電話があるかも...と伝えておくなど)を使えば「この人お金にそうとう困っているのかな...?」と思われてしまう自体は避けることができますよ。

まわりに「お金がない人」なんてレッテルを貼られるのはぜったいに避けたいところですよね。

カードローンの申し込みをするときにはしっかりと事前準備をしておきましょう。

お金を借りる為の知識

カードローン

消費者金融