> >> 地方銀行VSメガバンク カードローン比較!金利は?審査が厳しいのは?

地方銀行VSメガバンク カードローン比較!金利は?審査が厳しいのは?

銀行カードローンは、消費者金融と比較して低金利で限度額も多く、しかも年収の3分の1以内という「総量規制」の縛りもなくお金を借りることができます。

ただ、銀行カードローンも、メガバンク、地方銀行、ネット銀行など、提供している金融機関によって借り入れ条件等が違いがあります。

今回は、地域密着の地方銀行カードローンとメガバンクカードローンの金利や限度額、融資スピード、審査はどちらが厳しいのか?などを比較していきたいと思います。


地方銀行とメガバンクカードローンの金利・限度額を比較

横浜銀行千葉銀行などの地方銀行カードローンと、三井住友銀行三菱UFJ銀行など「メガバンクカードローン」の金利や限度額を比較してみましょう。


<メガバンクカードローンの金利・限度額>

銀行金利限度額
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック1.8%~14.6%10万円~500万円
三井住友銀行カードローン4.0%~14.5%10万円~800万円
みずほ銀行カードローン2.0%~14.0%10万円~800万円
りそな銀行カードローン3.5%~12.475%10万円~800万円

<地方銀行カードローンの金利・限度額>

地方銀行金利限度額
横浜銀行(はまぎん)カードローン1.9%~14.6%10~1,000万円
千葉銀行 ちばぎんカードローン1.7%~14.8%10~800万円
西日本シティ銀行カードローン※キャッシュエース13.00%~14.95%10万円以上300万円以内
南都銀行カードローン※キャッシュクイック2.5%~14.95%10万円~500万円
広島銀行カードローン※マイライフプラス「カード型」2.475%~年13.475%10万円以上、500万円以内
中国銀行カードローン※コ・レ・カ4.8%~14.5%10万円以上500万円以下

地方銀行も大手銀行(メガバンク)も、上限金利は14%前後になっており、大きな違いはありません。


また借入限度額を比較しても、地銀もメガバンクもほとんど変わりありません。

もちろん、地方銀行もメガバンクカードローンも「総量規制」の対象外です。 消費者金融やクレジットカード会社などと違って、年収の3分の1以上のお金を借りることができます。

また、専業主婦は、消費者金融でお金を借りることができません(配偶者貸付以外)が、銀行カードローンならば融資を受けることが可能です。


地方銀行は金利優遇制度が充実

メガバンクも地銀もカードローンの金利は低いですが、さらなる金利優遇を受けたいなら地銀がおすすめです。

地方銀行のカードローンは、以下のような条件を満たすと金利優遇してくれる場合があります。

・給与振込・年金振込を自行口座に指定
・自行で住宅ローンを組んでいる
・自行発行のクレジットカードを持っている
・財形預金がある
・金融商品を購入している

一部ですが、地方銀行の実際の金利優遇の条件を紹介します。

群馬銀行カードローン「すまいるパートナー」 住宅ローンをしている方、給与受取を群馬銀行にしている方、WEB契約を利用する方は金利が引き下がる。
南都銀行カードローン「E-PACK」 ポイント制度「<ナント>ポイントサークル」のポイント数に応じた金利割引がある。
中国銀行カードローン「コ・レ・カ」 住宅ローン利用者に金利優遇
肥後銀行カードローン「BEST ASSIST」 住宅ローン利用者に金利優遇
武蔵野銀行カードローン「シグナス」 住宅ローンを利用している方、給与振込を武蔵野銀行口座に指定している方は金利優遇。
百五銀行マイカード「エクセレント」 給料振込口座を百五銀行に指定している方、子育て応援プランを利用すると金利優遇。

メガバンクでは、みずほ銀行で住宅ローンを組んで金利優遇がありますが、それ以外の銀行ではありません。


一時的にお金を借りるなら消費者金融が得【金利0円サービス】

大手消費者金融の場合、一定期間金利が0円になる「無利息サービス」を実施しています。

無利息サービスは、はじめてその消費者金融でお金を借りる人が対象なので、初回しか使えないサービスですが、お金を借りるのが1回のみで、短期間で返済する予定の方、一時的にお金を借りたい方は、銀行カードローンでお金を借りるよりもお得になります。

消費者金融無利息期間金利
プロミス初回借入日から30日間4.5%~17.8%
アコム契約日から30日間3.0%~18.0%
アイフル契約日から30日間3.0%~18.0%
レイクALSA契約日から30日間、又は5万円まで180日間4.5%~18.0%

無利息期間が終了すると、通常の金利に戻りますが、30日以内に返済すれば金利0円でお金を借りられますのでお得です。

また、レイクALSAは、5万円以下の借入なら180日間と約3ヶ月無利息になりますので、少額の借り入れを予定している方にはオススメです。

銀行カードローンでも、ほんの一部無利息サービスを行っている金融機関もありますが、ほとんど実施していません。

地方銀行とメガバンクカードローンの利便性を比較

利便性に関しては、地方銀行よりメガバンクのカードローンの方が高いです。


まず、メガバンクは、インターネットバンキングのサービス内容が充実しており、カードローンの審査申込みはもちろん、借入・返済、任意返済、増額の申込みなど便利に使えます。

また、三菱UFJ銀行や三井住友銀行では、消費者金融でおなじみの自動契約機も設置しており、すぐにローンカードを発行してもらうことも可能です。

一方、地銀は申し込みこそインターネットで行なえるところが増えてきましたが、来店しないとカードローンの契約できない銀行も少なくありません。

借り入れや返済も、インターネットバンキングに対応しているところが少なく、借入方法はATMのみの地方銀行も多くあります。

さらに、大手銀行(メガバンク)の場合は、ATMが日本全国にあるのに対し、地方銀行は、地元にはたくさんありますが、他の地域にはATMの台数は少ないです。

地方銀行の場合、メガバンクATMと提携しているので借入・返済を行うことができますが、ATM手数料がかかってしまうケースが多いです。

地方銀行とメガバンクカードローンのバリエーションを比較

メガバンクは、カードローンが多くても2種類のみですが、地方銀行のカードローンは、住宅ローン利用者向け、カードローンタイプ教育ローン、カードローンタイプの事業者ローン、公務員向けのカードローンなど様々なバリエーションがあります。


地方銀行によっては、カードローンが5種類以上あるところもありますので、一部紹介します。

西日本シティ銀行カード 6種類 NCBキャッシュエース、キレイのトビラ(女性専用)、V-CLASS、EZ教育カードローン、NBC学生少額ローン、リバースモーゲージ輝く明日へ
肥後銀行 3種類 WEBカードローン、Back Up、BEST ASSIST
もみじ銀行 4種類 マイカードもみじ君[WEB完結型]、マイカードもみじ君、マイカードプレミアム、ミニカードローン
福島銀行 5種類 グラン・フリー、フリーライフ、ニューイーベ、イーベ、学問の助
山口銀行 3種類 マイカードやまぐち君、マイカードプレミアム、ミニカードローン
広島銀行 5種類 マイライフプラス、ハローローンワイド、ミニカードローン、総合口座プラス30、公務員カードローン、ミニ公務員カードローン

このように地方銀行にはカードローンの種類を豊富に揃えている所もありますので、ご自身にピッタリなカードローンに申し込んでみてください。

審査基準が厳しいのは?地方銀行とメガバンクの審査を比較

審査申込条件を比較

<メガバンクの申込み資格>
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 満20歳以上65歳未満で安定した収入があり、保証会社(アコム)の保証が受けれる方
三井住友銀行カードローン 満20歳以上満69歳以下の方で安定した収入がある方。保証会社「SMBCコンシューマーファイナンス」の保証を受けられる方
みずほ銀行カードローン 年齢が満20歳以上満66歳未満で安定・継続した収入があり、「オリエントコーポレーション(オリコ)」の保証を受けられる方
りそな銀行カードローン 満20歳以上、満66歳未満の方で継続安定した収入のある方

<地方銀行の申込み資格>

横浜銀行カードローン満20歳以上69歳以下の方で安定収入があり、横浜銀行営業地域にお住まい、またはお勤めの方
広島銀行カードローン※総合口座プラス3020歳以上73歳以下、年収120万円以上の方が対象で広島銀行指定の保証会社の保証が得られる方
山口銀行ミニカードローン満20歳以上72歳以下で安定して継続した収入のある方、山口銀行のキャッシュカードを保有している方など
福島銀行「グラン・フリー」満20歳以上満70歳未満の方で安定継続した収入のある方。オリックス・クレジットの保証を受けられる方
千葉銀行カードローン20歳以上満65歳未満の方で安定収入のある方。勤め先の所在地が千葉銀行の営業地域内にある方。
北洋銀行カードローン スーパーアルカ満20歳以上満69歳以下、かつ契約時の年齢が満69歳以下の方で安定した収入のある方。道内に居住地と勤務先がある方。
筑波銀行<つくば>カードローン筑波銀行営業区域内に居住または勤務している方で満20歳以上満70歳以下の方。安定継続した収入があり保証会社の保証が受けられる方。

審査申込み可能な年齢の違い

まずは年齢ですが、メガバンクのカードローンは65歳以上が申し込めないのに対して、地銀カードローンの中には70歳くらいまで申し込み可能なカードローンもあります。


年齢以外にも特徴があります。

審査申込み可能な地域の違い

メガバンクは全国に展開しているため、居住地や勤務地に申込み条件を設けていませんが、地方銀行は、自行の営業エリア内に居住、または勤務していることを申込条件としている場合が多いです。


口座開設が必須の地方銀行が多い

三菱UFJ銀行や三井住友銀行など「メガバンク」は、必ずしも自行の預金口座を持っていなくてもカードローンの契約は可能です。(みずほ銀行は必要)


一方の地方銀行は、普通預金の口座を持っていないと、カードローンの契約ができないパターンが多いです。(口座開設必須ではない地方銀行もあります)

地方銀行のカードローンでWEB完結で申し込めると公式サイトに掲載されてる商品も、口座を持っていない方は来店が必要なケースがほとんどです。


地方銀行の審査はメガバンクより甘い?

メガバンクに比べて地方銀行は規模が小さく、限度額が低いことから、審査が甘いと言われていますが本当なのでしょうか?

業績が悪い地方銀行の審査

昨今、銀行の融資による利益(業務純益率)は減少している傾向にあります。生き残りのカギはここにある?全国地銀106行「収益力」ランキングを見ると、「100行の経営状況」を見ることができます。


収益が多い上位は、大都市圏で営業している横浜銀行、千葉銀行、広島銀行、福岡銀行なのですが、島根銀行や十六銀行、福島銀行などは苦戦しています。

程度の差こそあれ、どこの地方銀行にもノルマがあります。

カードローンの契約もそのノルマの一つであり、多角的な経営をしているメガバンクよりも、地方銀行の方がより重くノルマがのしかかります。

ノルマ達成のため、地銀では多少審査に手心を加えてくれる可能性がありますので、キャンペーン中や月末、四半期や半期の末、決算の前などに申込をすると、メガバンク以上に審査に通る可能性が高くなる可能性もあります。


地銀とメガバンクでは保証会社が違う

保証会社とは、利用者が万が一返済できなくなった時に代わりに返済をして、債権を金融機関から譲渡してもらう会社で、カードローンの審査も行ないます。

メガバンクごとの保証会社は、以下のようになっています。

銀行名 保証会社
三菱UFJ銀行 アコム株式会社
三井住友銀行 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)
みずほ銀行 オリエントコーポレーション株式会社
りそな銀行 りそなカード株式会社またはオリックス・クレジット株式会社

いずれも、個人向け融資ノウハウがある消費者金融や信販会社が保証会社となっています。メガバンクでは自社で審査を行なわず、保証会社に任せているケースが多いため、保証会社との取引が銀行カードローンの審査に大きく影響してきます。

一方の地方銀行も、アコムやプロミス、オリコなどが保証会社になっている例はありますが、銀行の子会社が審査をするケースが多いです。

地銀 保証会社
北陸銀行カードローン 株式会社北陸カード
広島銀行カードローン ひろぎんカードサービス
百十四銀行カードローン 株式会社百十四ディーシーカード
西日本シティ銀行カードローン 九州カード株式会社、九州総合信用株式会社
南都銀行カードローン 南都ディーシーカード
※地方銀行はカードローンの種類によって保証会社が違ったり、同じカードローン商品でも複数の保証会社を設定している所もあります。


地方銀行とメガバンクのどちらが審査が甘いのか?厳しいのか?はっきり言えませんが、保証会社が違うので、審査基準が違うことは確かです。

ただし、地方銀行もメガバンクも、大手消費者金融を含めても、過去に延滞や債務整理をした方、返済を滞納中の方、他社の借入件数が多い方は、審査に通りません。

そのような金融ブラックの方は以下をご覧ください。


地方銀行は取引状況で審査を優遇してくれる?

地方銀行では、自行との取引状況に応じてカードローンの金利を優遇してくれる所も多いですが、審査も優遇してくれる所もあるようです。。

・給与振込・年金振込を自行口座に指定
・自行で住宅ローンを組んでいる
・自行発行のクレジットカードを持っている
・財形預金がある
・金融商品を購入している

以上の条件に該当する人は、地銀独自の判断でカードローン審査が有利になる可能性が高いです。

特に地方銀行では、小規模な自営業者や個人事業主に対しても積極的にカードローンの融資をしてくれます。

自行との取引年数、支店近くに居住地や勤務先があるなど、メガバンクではあまり重視されない項目で審査にプラスに働く可能性があります。

地方銀行VSメガバンク 融資スピードが速いのは?

地方銀行もあるので、一概には言えませんが、地方銀行の場合、審査申込み~融資まで、1週間~2週間かかる場合が多いです。
地方銀行 融資までの時間
第四銀行カードローン 申し込みから2週間ほど
山形銀行カードローン 10日ほど
武蔵野銀行カードローン 10日程度
百五銀行マイカード「エクセレント」 1週間~10日間、郵送契約の場合は2週間以上
八十二銀行ニューマイティー 10日~2週間程度
栃木銀行カードローン 最短3日
熊本銀行カードローン 8日程度

さらに口座開設が必須な地銀カードローンの場合は、来店が必要で、さらに融資スピードが遅くなる傾向があります。

一方、メガバンクカードローンは、口座開設が必要ない商品もありますし、口座開設が必要でも、地方銀行に比べて融資スピードは速い傾向があります。

ただ、現在、すべての銀行で即日融資はできなくなっています。

すべての銀行で、カードローン申込者が反社会勢力の関係者ではないか警視庁のデータベースで照合する必要があったり、その他の理由で即日融資がでいない状況です。

ですので、カードローンの審査申込み当日にお金を借りたい方は、消費者金融に申し込む必要があります。

即日融資可能な消費者金融は以下をご覧ください。


地方銀行VSメガバンク カードローン比較!まとめ

地方銀行とメガバンクのカードローンを比較してきましたが、基本的な金利や限度額は多少の差はありますが、ほとんどかわりませんでした。

ただ、地方銀行の大きなメリットは、その銀行と取引があると金利優遇がある点や、審査も多少優遇される点です。

地方銀行は、口座開設しないと契約できなかったり、営業エリアが絞られているので申し込むことができない方が多いですが、条件を満たせば、大手銀行(メガバンク)に引けをとらない条件でお金を借りることができます。

ただ、インターネットバンキングや、カードローン契約方法、借入方法、返済方法、ATMの数、融資スピードなどは、三菱UFJ銀行や三井住友銀行などのメガバンクには敵いません。

便利にカードローンを使いたい方はメガバンクを利用したほうが無難です。

ひと口に地方銀行と言っても、各地にたくさんあり、住んでいる地域によって選べるカードローンも変わってくると思いますが、ネット銀行や消費者金融も含め、ご自身の条件にあった最適なカードローンを選ぶようにしてください。

おすすめカードローン

1.プロミス

・最短1時間融資も可能
・30日間利息0円
・郵便物なし・カードなし
・WEB完結
・スマホ・PCから24時間365日申込み可
・簡単3秒診断
・パート・アルバイト可
・実質年率:4.5%~17.8%

どこに申し込むか迷っている方は、まずはプロミスにお申込みください。

プロミスをはじめて利用する方は「30日間利息0円」、即日融資可能、WEB完結で郵便物なしなので内緒で借りたい方にオススメです。


お金を借りる為の知識

カードローンでお金借りる

消費者金融でお金借りる

運営者情報