> >> 地元密着の地銀よりメガバンクのカードローンの方が審査は厳しい?

地元密着の地銀よりメガバンクのカードローンの方が審査は厳しい?

すぐにお金を借りたいときに重宝するのが、カードローンですが、最近人気を集めているのが銀行カードローンです。

消費者金融と比較して低金利で限度額も多く、しかも年収の3分の1以内という「総量規制」の縛りもありません。

銀行カードローンにも、メガバンク、地方銀行、ネット銀行など、提供している金融機関によって違いがあります。

今回は、近くに店舗があって安心なメガバンクと地銀のカードローンに絞って、その詳細を比較していきます。

特に審査基準などを気にする方が多いので、審査については詳しく述べていきます。

銀行カードローンのメリット

金利が低い

銀行カードローンと消費者金融を比較した際、まず目につくのが銀行カードローンの金利の低さです。主な貸金業者の金利を以下で比較してみましょう。
【銀行カードローン】
・三菱東京UFJ銀行:年1.8~14.6%
・三井住友銀行:年4~14.5%
・横浜銀行:年1.9~14.6%

【消費者金融】
・アコム:年3~18%
・プロミス:年4.5~17.8%
・アイフル:年4.5~18%

下限金利はもちろんですが、注目すべきは上限金利です。多くの人が適用される上限金利が低い方がより実用的なカードローンですが、銀行カードローンは軒並み上限金利が年15%以下です。


限度額が高い


次に、限度額を比較してみましょう。

【銀行カードローン】
・三菱東京UFJ銀行:500万円
・三井住友銀行:800万円
・横浜銀行:1,000万円

【消費者金融】
・アコム:800万円
・プロミス:500万円
・アイフル:500万円

金利ほど両者の差はありませんが、銀行カードローンの方が若干高い限度額です。しかも、限度額は審査によって決められますが、銀行カードローンの方が限度額を多くもらえる傾向があります。

総量規制の対象外

銀行カードローンは「総量規制」の対象外です。 総量規制とは、年収の3分の1以上の借入ができないルールで、クレジットカードのキャッシングや消費者金融が対象となっていますが、銀行カードローンは対象となっていません。

これにより、自らの年収がない専業主婦は、消費者金融でお金を借りることがほぼ不可能なのに対して、銀行カードローンならば融資を受けることも可能です。


メガバンクと地銀のカードローンの比較


銀行カードローンのメリットが分かったところで、次は銀行カードローンの中でも、メガバンクと地方銀行で比較してみましょう。

ちなみにメガバンクとは、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行、みずほ銀行など、全国各地に店舗を展開している銀行です。

利便性はメガバンク

利便性に関しては、メガバンクのカードローンが有利です。 メガバンクの店舗は県庁所在地にしかないところも多いため、インターネット経由の各種機能を強化しています。

申込はもちろん、借り入れや返済もインターネットバンキングを使って行えます。
三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行では、消費者金融でおなじみの自動契約機も設置しており、すぐにローンカードを発行してもらうことも可能です。

一方、地銀は申し込みこそインターネットで行なえるところが増えてきましたが、来店しないと契約できない銀行も少なくありません。
借り入れや返済も、インターネットバンキングに対応しているところが少ないです。

金利優遇は地銀

メガバンクも地銀もカードローンの金利は低いですが、さらなる金利優遇を受けたいなら地銀がおすすめです。 地銀のカードローンは、以下のような条件を満たすと金利優遇してくれる場合があります。
・給与振込・年金振込を自行口座に指定
・自行で住宅ローンを組んでいる
・自行発行のクレジットカードを持っている
・財形預金がある
・金融商品を購入している

メガバンクでは、みずほ銀行で住宅ローンを組んで金利優遇がありますが、それ以外の銀行ではありません。

カードローン商品のバリエーションは地銀

カードローン商品の種類は、地銀の方が豊富です。地銀のカードローンには、年金受給者向け、住宅ローン利用者向け、カードローンタイプの教育ローンなど様々なバリエーションがあります。

一方のメガバンクでは、ほぼ1種類です。

メガバンクと地銀のカードローンの審査を比較

ではここから、メガバンクと地方銀行のカードローンの審査について比較してみましょう。

申込条件

まずは年齢ですが、メガバンクのカードローンは65歳以上が申し込めないのに対して、地銀カードローンの中には70歳くらいまで申し込み可能な商品もあります。

メガバンクは全国に展開しているため、居住地や勤務地に条件を設けていません。一方の地銀は、自行の営業エリア内に居住、または勤務していることを申込条件としている場合が多いです。

メガバンクは、インターネットバンキングなど多彩なチャネルを持っているため、必ずしも自行の口座を持っていなくても利用できます。

一方の地銀は、口座を介した取引が中心のため、カードローン利用には自行口座の開設が求められることが多いです。

申込のタイミング

程度の差こそあれ、どこの銀行にもノルマがあります。 カードローンの契約もそのノルマの一つであり、多角的な経営をしているメガバンクよりも、地銀の方がより重くノルマがのしかかります。

ノルマ達成のため、地銀では多少審査に手心を加えてくれる可能性がありますので、キャンペーン中や月末、四半期や半期の末、決算の前などに申込をすると、メガバンク以上に審査に通る可能性が高くなるでしょう。

保証会社

保証会社とは、利用者が万が一返済できなくなった時に代わりに返済をして、債権を金融機関から譲渡してもらう会社で、カードローンの審査も行ないます。 メガバンクごとの保証会社は、以下のようになっています。

・三菱東京UFJ銀行→保証会社はアコム
・三井住友銀行→保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
・みずほ銀行→保証会社はオリコ

いずれも、個人向け融資のノウハウがある消費者金融や信販会社が保証会社となっています。メガバンクでは自社で審査を行なわず、保証会社に任せているケースが多いため、保証会社との取引が銀行カードローンの審査に大きく影響してきます。

一方の地銀でも、保証会社がカードローンの審査を行なっているケース、銀行の子会社が審査をするケースが多く、地銀独自の判断も加わるため、銀行との取引状況も重要になってきます。

銀行との取引状況

地方銀行では、自行との取引状況に応じてカードローンの金利を優遇してくれますが、それは審査においても変わりありません。

・給与振込・年金振込を自行口座に指定
・自行で住宅ローンを組んでいる
・自行発行のクレジットカードを持っている
・財形預金がある
・金融商品を購入している

以上の条件に該当する人は、地銀独自の判断でカードローン審査が有利に運ぶ可能性が高いです。

特に地銀では、小規模な自営業者や個人事業主に対しても積極的にカードローンの融資をしてくれます。

自行との取引年数、支店近くに居住地や勤務先があるなど、メガバンクではあまり重視されない項目で審査にプラスに働く可能性があります。

まとめ

メガバンクと地銀のカードローンを比較したとき、地銀の方が自分の努力や環境次第で審査通過率をアップさせられる可能性が高いことが分かりました。

ただし、地銀の営業エリア内に居住・勤務していることを条件としている地銀が多いので、近くの地銀カードローンが魅力的でなければ、メガバンクも選択肢に入れてください。

お金を借りる為の知識

カードローン

消費者金融