> >> 女性専用のカードローンって何が違うの?お得なの?

女性専用のカードローンって何が違うの?お得なの?

貸金業者からお金を借りるのは「男性」が多いというイメージですが、実は女性もかなり多いです。男性が自分のためにお金を借りるのとは異なり、女性、特に主婦は家計の足しに借金をする人が多いのが特徴です。

最近では、貸金業者各社もサービス拡充に努めていますが、その中でも各貸金業が力を入れているのが「女性専用カードローン」です。

女性専用のカードローンは、通常のカードローンと何が違うのでしょうか?
ここでは、女性専用カードローンのメリットやデメリット、審査などについて紹介します。

女性専用カードローンのメリット

女性スタッフが対応してくれる

一般的なカードローンでも、最初に対応するのは女性スタッフですが、女性専用カードローンでは、受付から融資実行まで基本的に女性スタッフが対応してくれます。

女性専用カードローンでは女性専用ダイヤルが開設されており、オペレーターはもちろん女性です。特に初めて借り入れをする人(女性)は精神的な不安が募りますので、女性の対応の方が緊張もほぐれますね。

ホームページが女性好み

最近では、インターネットからカードローン申込をする人が多いですが、そのトップページも通常のカードローンと女性専用カードローンとで異なります。

プロミスの通常の「フリーキャッシング」と「レディースキャッシング」のトップページを比較してみると、レディースキャッシングは色合いが若干淡く、パステルカラーを使用しており女性好みな感じです。

ばれないような配慮がされている

借入がばれる可能性が高いのが、自動契約機や店舗を訪れるとき、出るときです。 特に女性専用カードローンの場合、来店不要、借入は振込でなど、借入がばれないような工夫をしています。


女性専用カードローンのデメリット


金利など商品内容は通常のカードローンと変わりない


アコムやアイフルなど、大手消費者金融で女性専用カードローンを提供している業者は結構あります。ただし、通常のカードローンとの違いはほとんどありません。

プロミスの通常のカードローン「フリーキャッシング」とプロミスの女性専用カードローン「レディースキャッシング」で、そのスペックを比較してみましょう。

●フリーキャッシング
・金利(実質年率):4.5%~17.8%
・限度額:最高500万円
・無利息期間:初回借入翌日から30日間
・即日融資:可能
・審査時間:最短1時間

●レディースキャッシング
・金利(実質年率):4.5%~17.8%
・限度額:最高500万円
・無利息期間:初回借入翌日から30日間
・即日融資:可能
・審査時間:最短1時間

以上のように、スペックは全く変わりありません。

かえって審査が厳しくなる可能性

女性専用カードローンに申し込む人は、通常のカードローンの審査に落ちている人も少なくありません。

つまり、あまり信用がないと判断されているため、女性専用カードローンに申し込んでも審査が厳しくなる可能性があります。

女性専用カードローンの審査について

女性専用カードローンでも審査は変わりない

通常のカードローンと女性専用カードローンを両方取り扱っている貸金業者の場合、女性専用だからと言って審査基準などが異なるわけではなく、同一の審査が行われます。

在籍確認のリクエストには可能な限り応えてくれる

カードローンの審査の一環で行われるのが「在籍確認」です。 在籍確認とは、申込書に記載されている勤務差異に勤務実態があるかを確認することで、電話確認が一般的です。

ただし、女性ならではのリクエスト、特に在籍確認については以下のようなリクエストに応えてくれるケースが多いです。

・在籍確認の電話の声が男性だと怪しまれるので女性スタッフに電話してほしい
・夜の商売で働いているので源氏名で在籍確認をしてほしい
・電話でなく保険証などの書類を提出して在籍確認としてほしい
・在籍確認の電話の時間をある程度指定したい

レディースフタバは独自の審査?

レディースキャッシングで有名な「レディースフタバ」では、独自の審査を行なっています。普通のカードローンの審査では、信用取引(借入)に関する情報が記載されている信用情報に傷がついていると、問答無用で審査に落とされてしまいます。

特に大手でその傾向が強いのですが、レディースフタバでは「ブラックでも借りられた」などの口コミを多く見かけます。

女性向けの融資実績が豊富で、「どの申込者に貸せば安全か」の見極めノウハウが蓄積されているため、ブラックでも融資可能という口コミがあるのです。

女性専用カードローンと限度額

女性専用カードローンは限度額が低い傾向にあり、すぐに増額しようとして申請してもなかなか増額されません。

カードローンの限度額は、収入によって決まるところが大きく、収入さえ増やせれば限度額増額の目はありそうです。

配偶者貸付を使えば多く借りられるかも


そんなとき、結婚している女性にぜひ検討していただきたいのが「配偶者貸付」です。
配偶者貸付とは、総量規制(年収の3分の1以上借りられないルール)の例外事項として設けられており、自らの収入と配偶者の収入を合算して「みなし収入」とする制度です。

パートなどをしている主婦はもちろん、収入のない専業主婦でも利用可能です。ただし、消費者金融に関しては、大手消費者金融では配偶者貸付を利用した専業主婦への融資を軒並み行っておらず、レディースフタバなど一部の中小貸金業者でしか行っていません。

配偶者貸付には配偶者の同意が必要

配偶者貸付を利用する際には、以下のような書類が必要となります。
・配偶者の同意書
・婚姻関係を証明する書類
・配偶者の収入を証明する書類(一定金額以上の限度額の場合)

お金を借りる為の知識

カードローン

消費者金融