> >> りそな銀行カードローンでお金借りる方法

りそな銀行カードローンでお金借りる方法

りそな銀行の「りそなプレミアムカードローン」「りそなクイックカードローン」の金利や限度額などの借り入れ条件や、お金借りる方法、お金を返す方法など詳細を解説します。



りそな銀行カードローン基本情報


りそな銀行には、大きなお金を借りる方向けの「りそなプレミアムカードローン」、限度額200万円までの少額の借入を希望する方向けの「りそなクイックカードローン」の2つのカードローンが用意されています。

りそなプレミアムカードローン基本情報

お金を借りられる方 安定した継続的な収入がある方で保証会社(オリックス・クレジット株式会社)の保証が受けられる方。※アルバイト・パートの方も借りられますが、専業主婦・学生は借入不可
借入限度額 最高800万円
金利 3.5%~12.475%
年齢 満20歳以上、満60歳未満
金利優遇の条件 りそな銀行で住宅ローンを利用していること
返済日 毎月5日※休日の場合は翌営業日
担保・保証人 不要
借りたお金の使い道 原則自由(健全な消費性資金 ※事業性資金を除く)
申込み方法 インターネット、電話、FAX、郵送
借入方法 ATM、自動融資
返済方法 ATM、自動引き落とし、マイゲート(ネットバンキング)
返済方式 毎月定額返済(残高スライド方式)
普通預金口座 必要
 

りそなクイックカードローン基本情報

上で説明した「りそなプレミアムカードローン」との違いは、金利、限度額、借り入れできる年齢、金利優遇の条件以外はほぼ同じ条件です。
金利 9.0%~12.475%
限度額 最高200万円
年齢 満20歳以上、満66歳未満
金利優遇の条件 口座を給料振込に利用すること
 

りそな銀行では、「りそなプレミアムカードローン」「りそなクイックカードローン」の他にもフリーローンも用意しています。

フリーローンには、年収400万円以上の方がお金を借りることができる「プレミアムフリーローン(限度額500万円)」と「フリーローン(有担保型)※限度額最大1億円」が用意されています。

フリーローンは、カードローンのように限度額までなら、何度でもお金を借りたり返したりできずに、1回だけの借入になりますが、大きな金額を低金利で借りられるというメリットがあります。

その他にも、りそな銀行では、住宅ローンをはじめ、マイカーローンや教育ローン、リフォームローン、アパート・マンションローンなど、目的ローンも用意してありますので、お金の使い道が決まっている方で、該当する方は、カードローンではなく、目的ローンでお金借りることも検討してください。

りそな銀行カードローンの金利・借り入れ限度額

りそなプレミアムカードローンは、りそな銀行で住宅ローンを利用していれば、-0.5%の金利優遇を受けることができ、りそなクイックカードローンは、口座を給料振込に利用すれば、-0.5%の金利優遇を受けることができます。


また、先ほど、両カードローンは、金利が違うと伝えましたが、厳密にいうと実は同じなんです。りそなクイックカードローンは最低金利が9.0%と高いですが、それは限度額が200万円だから。

りそなプレミアムカードローンも、限度額が200万円の場合は金利は9.0%なのです。

りそなプレミアムカードローンの金利と限度額

りそなプレミアムカードローンは、限度額10万円~800万円までの13種類の借入コースが用意されており、それぞれ金利が違ってきます。
借入限度額 金利
800万円型 3.5%
700万円型 4.0%
600万円型 4.5%
500万円型 4.9%
400万円型 5.5%
300万円型 7.0%
200万円型 9.0%
150万円型 11.5%
100万円型
70万円型 12.475%
50万円型
30万円型
10万円型
 

りそなクイックカードローンの金利と限度額

限度額 金利
200万円型 9.0%
150万円型 11.5%
100万円型
70万円型 12.475%
50万円型
30万円型
10万円型

りそなプレミアムカードローンと他銀行カードローンの比較

りそなプレミアムカードローンと、他の銀行カードローンの金利と限度額を比較してみましょう。
カードローン名金利限度額
りそなプレミアムカードローン3.5%~12.475%800万円
三菱UFJカードローン バンクイック1.8%~14.6%500万円
三井住友銀行カードローン4.0~14.5%800万円
みずほ銀行カードローン2.0%~14.0%800万円
オリックス銀行カードローン1.7%~17.8%800万円
住信SBIネット銀行 MRカードローン0.99%~14.79%1,200万円

最初の申込みでは、ほとんどの方の借り入れ限度額が低くなってしまうので、金利を比べるときは、最高金利を比べるようにしてください。

りそなプレミアムカードローンの最高金利は「12.475%」となっており、他の銀行カードローンに比べて低くなっているのがわかると思います。

限度額に関しては、住信SBIネット銀行 MRカードローンが1,200万円となっていますが、ほとんどの方がそんな大金を借りようとしていないので、りそな銀行の最大限度額「800万円」あれば十分ではないかと思います。

また、金利については当然、消費者金融に比べて、りそな銀行カードローンは低く設定されていますが、プロミスアコムのように金利0円期間サービスなどは行っていません。

一時的にお金を借りて、すぐに全額返済する場合は、大手消費者金融の30日間無利息サービスを利用したほうが金利面は安くなりますので、そのような方は、アコムやプロミスなのでお金を借りることを検討してみてください。

りそな銀行カードローン申込み~お金借りるまでの流れ

りそな銀行の普通預金口座が必須、できれば給与振込口座に

りそな銀行カードローンでお金を借りる為には、りそな銀行の普通預金口座の開設が必須になります。りそな銀行カードローンに申し込む方は、あらかじめ口座を用意しておきましょう。


運転免許証があれば、アプリを利用して印鑑不要・来店不要で即日カード発行できるので、便利です。

さらに、りそな銀行の口座を給与振込口座に設定すれば、-0.5%の金利優遇も受けることができるので、可能な方は設定しましょう。

※普通預金口座を作らないでお金を借りたい方は、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」三井住友銀行カードローンなども検討してください。

1.りそな銀行カードローンにインターネットで申し込む

りそな銀行カードローンは、来店不要で契約が可能です。


①仮申し込み
スマホやパソコンから借り申込みします。この段階では本人確認書類などの提出は不要なのでお手軽に申し込めます。

②仮審査結果
仮審査結果の連絡がメールで来ます(Web手続を選択した場合)※審査結果は通常当日~翌日回答。職場への在籍確認の電話は仮審査時に行われます。※SMBCモビットのWEB完結なら電話連絡なしで申し込めます。

③本申込み
Web手続を選択した場合、仮審査結果メールに記載されている「本申込み専用ページ」からネットで本申込み手続きをすることができます。運転免許証などの本人確認書類の提出はカードローン本申込み時に行います。スマホ等のカメラで撮影したものをアップロードすることにより必要書類の提出は完了します。

④本審査結果・契約手続き
登録したメールアドレス宛てに本審査の結果が届きます(Web手続を選択した場合)ので、契約手続きを行います。(※本審査結果は申し込み後、翌日以降になります。)手続きもスマホ・パソコンからネットで行うことができるので便利です。

⑤借り入れスタート
カードローンの契約手続きが完了してしばらく経つと、利用開始のお知らせがメールで届きます。りそな銀行のキャッシュカードを使ってATMからお金を借りることができます。

りそな銀行カードローンは、審査の回答や、契約手続きが休日でも行っていますので、土日・祝日でも申し込めますし、ATMからお金を借りることが可能です。


2.りそな銀行カードローンに電話・FAX・郵送で申し込む


りそな銀行カードローンは、上記で説明したWEB申込みが大変便利でオススメなのですが、電話・FAX・郵送でも申し込むことが可能です。

電話番号はりそなクイックカードローン、りそなプレミアムカードローン共に「0120-55-3989」で受付時間は8:00~22:00(年中無休)です。

FAX・郵送のカードローン申し込みの場合、申込み用紙が必要になりますので、りそな銀行の店頭に取りに行く必要があります。

りそな銀行カードローン 必要書類

りそな銀行カードローンでお金を借りる場合に必要になる書類は「本人確認書類」です。また、借入希望額が50万円以上になる場合は、収入証明書が必要になります。


<本人確認書類>
・運転免許証
・パスポート
・運転経歴証明書
・健康保険証
・住民基本台帳カード
・在留カード
・特別永住者証明書

<収入証明書>
・源泉徴収票
・課税証明書
・住民税決定通知書
・確定申告書

上記の必要書類の提出は、本審査時に行います。仮審査では必要がありません。また、提出は、写真を撮影してネット上にアップロードすることで完了するのでとても便利です。

りそな銀行カードローンの審査は厳しい?甘い?


りそな銀行カードローンの審査は厳しいです。とくにプレミアムカードローンで借入希望額が大きい人は審査が厳しく行われます。

もちろん、銀行によって保証会社が、アコムだったり、プロミスだったり、オリコだったり、りそな銀行の場合は、オリックスクレジットですが、保証会社によっても審査の厳しさ加減は違ってきますが、りそな銀行カードローンが特別審査が厳しいかと言うとそうではなく、銀行カードローンは一般的に言って、審査が厳しいと考えておいた方が良いです。

過去に債務整理や延滞をしたことがなく、勤続年数もある程度長く、収入が安定している方なら、問題なく審査に通過することができる可能性が高いですが、審査に自信がない方は、地方銀行のカードローンや消費者金融のカードローンも検討してください。

審査が厳しい順に並べると

1.大手銀行
2.地方銀行
3.大手消費者金融
4.中小の消費者金融

です。


りそな銀行カードローンでお金借りる方法


りそな銀行カードローンでお金借りる方法は、「ATMからのキャッシング」と「オートチャージ(自動融資)」の2つです。

りそな銀行カードローンは、振込キャッシングには対応していません。

りそな銀行ATM・提携ATMからお金借りる

りそなクイックカードローンも、りそなプレミアムカードローンも、基本的にキャッシュカードを使い、ATMからお金を借りる方法が主なやり方です。


<りそなATM>
りそな銀行ATM、埼玉りそな銀行ATM、近畿大阪銀行ATM

<コンビニATM>
セブン銀行ATM、ローソンATM、Enetと提携しているので、全国のセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどでお金を引き出すことができるので便利です。

<その他提携ATM>
ゆうちょ銀行、バンクタイム、BANCS提携銀行、MICS提携銀行


りそな銀行のオートチャージ(自動融資)でお金借りる


消費者金融や信販会社などの貸金業者にはない、銀行ならではの借入方法がオートチャージ(自動融資)です。公共料金やクレジットカードの引き落とし時に、残高が不足した場合に、不足額を自動的に借り入れできるサービスです。(限度額の範囲内です)

りそな銀行のオートチャージは、ATMとは違って、ちょっと欲しい洋服があるからお金を借りよう、旅行に行くからお金を借りよう、等の理由でお金を借りることができないですが、残高が不足していても、引き落としは自動的に行われるので、とても便利なサービスです。


りそな銀行カードローン お金の返し方


りそな銀行カードローン 自動引き落としによる返済


りそな銀行カードローンの返済日


りそな銀行カードローンの返済日は毎月5日(休日の場合は翌営業日)です。りそな銀行の普通預金口座から自動引き落としになります。約定返済額(引き落とし額)は、借入残高によって変動します。

りそな銀行カードローンの返済額

借入残高 約定返済額
50万円以下 1万円
50万円超~100万円以下 2万円
100万円超~200万円以下 3万円
200万円超~300万円以下 4万円
300万円超~400万円以下 5万円
400万円超~500万円以下 6万円
500万円超~600万円以下 7万円
600万円超~700万円以下 8万円
700万円超~800万円以下 9万円


りそな銀行カードローンの毎月の約定返済額は少し高めに設定してあります。多く支払うことで、それだけ利息が少なくなりますので、総支払額は低くなりますが、毎月の返済額を低くして、ゆとりを持ちたい方は、他のカードローンを検討してみてください。

カードローン名 最低返済額
りそな銀行カードローン 10,000円
三菱UFJカードローン バンクイック 1,000円
三井住友銀行カードローン 2,000円
プロミス 1,000円
アコム 3,000円
アイフル 4,000円
 

りそな銀行カードローン ATM・マイゲートから随時返済

自動引き落としによる約定返済の他に、ATMやマイゲート(りそな銀行のネットバンキングサービス)を利用して随時返済、一括返済することが可能です。


借入額をできるだけ少なくして、支払う利息を少なくしたい方は、積極的に随時返済を行いましょう。

※随時返済をいくら行っても、自動引き落としによる約定返済ができなくなった場合は、返済の遅延・延滞扱いになり、遅延損害金を取られる可能性があるので、計画的に随時返済するようにしてください。


りそな銀行カードローンの解約方法


りそな銀行カードローンでお金を借りていたが、全額返済をして、もうお金を借りる必要がなくなった場合、解約しなくてもOKなのですが、気軽にお金を借りられてしまう状態をあえてやめておきたい方は解約したほうが良いですね。


りそな銀行カードローンの解約方法は、アルファ・ベータ支店の方はマイゲート(りそな銀行のネットバンキングサービス)で行うことができます。

それ以外は、りそな銀行のコミュニケーションダイヤル「0120-24-3989」に電話してカードローンの解約手続きを行ってください。


プレミアムカードローンとクイックカードローン どっちでお金借りる?


先ほども説明しましたが、最低金利がりそなプレミアムカードローンの方が低く見えますが、これは限度額が高いからであって、クイックカードローンの限度額200万円を借りた場合は、同じ金利になります。

ですので、プレミアムカードローンとクイックカードローンの大きな違いは、限度額と、年齢制限です。

種類 限度額 年齢
プレミアムカードローン 10万円~800万円 満20歳以上、満60歳未満
クイックカードローン 10万円~200万円 満20歳以上満66歳未満

その他の違いは、金利の優遇条件です。

種類 金利優遇条件
プレミアムカードローン 住宅ローンの利用
クイックカードローン 給与の振込口座にりそな銀行を設定


少し前までは、「クイックカードローン」という名称から想像がつきますが、クイックカードローンは、急いで融資を受けたい方に対応したスピード審査のカードローンだったのです。

ですので、急いでお金を借りたい方や、即日融資を希望する方にはオススメだったのですが、現在は、銀行全体の即日融資・貸し過ぎが問題になり、大手消費者金融のような即日融資サービスは行っていません。

ですので、りそなプレミアムカードローンが向いている方は、「200万円以上のお金を借りたい方」「りそな銀行で住宅ローンを利用している方」です。

逆にクイックカードローンは、「給料の振込口座をりそな銀行に設定できる方」「年齢が610歳以上の方」が向いています。

三菱UFJ銀行や、三井住友銀行、みずほ銀行、ネット銀行、地銀など他の銀行カードローンも含めて、どちらでお金を借りるのか検討してみてください。

おすすめカードローン

1.プロミス

・最短1時間融資も可能
・30日間利息0円
・郵便物なし・カードなし
・WEB完結
・スマホ・PCから24時間365日申込み可
・簡単3秒診断
・パート・アルバイト可
・実質年率:4.5%~17.8%

どこに申し込むか迷っている方は、まずはプロミスにお申込みください。

プロミスをはじめて利用する方は「30日間利息0円」、即日融資可能、WEB完結で郵便物なしなので内緒で借りたい方にオススメです。


お金を借りる為の知識

カードローンでお金借りる

消費者金融でお金借りる

運営者情報