> >> みずほ銀行カードローンでお金借りる方法

みずほ銀行カードローンでお金借りる方法

みずほ銀行カードローンの利用条件や金利、遅延損損害金、ATM、限度額、お金借りる方法や返済方法、口座は必要なのか?即日融資は可能なのか?審査は厳しい?在籍確認の電話連絡は?などなど、詳しく解説します。



みずほ銀行カードローンでお金借りる!基本情報


みずほ銀行カードローンの金利や限度額などお金借りる前に確認していただきたい基本情報を表にまとめました。

金利 2.0%~14.0%
金利特典 みずほ銀行で住宅ローンを組んでいる方は、カードローンの金利を年0.5%引き下げ
借入限度額 10万円~800万円
みずほ銀行の預金口座 必要
お金を借りられる人の条件 年齢が満20歳以上満66歳未満で安定・継続した収入があり人・保証会社「オリエントコーポレーション(オリコ)」の保証を受けられる人
お金の使い道 自由(事業性資金以外)
担保・保証人 不要
遅延損害金 返済が遅延した場合「年19.9%」の遅延損害金がみずほ銀行から請求されます。
必要書類等 本人確認書類、収入証明書、印鑑(みずほ銀行に普通預金口座を持っている方は届け印を用意する)
申込み方法 インターネット、みずほ銀行の店頭、電話、郵送
借入方法 みずほダイレクト(インターネットバンキング)、ATMからのキャッシング
返済方法 みずほダイレクト、自動引き落とし、ATMからの入金
返済方式 残高スライド方式
約定返済日 毎月10日
提携ATM 提携金融機関、ゆうちょ銀行、セブン銀行、ローソンATM、E-net

みずほ銀行では、今回紹介するカードローンの他にも、金利3.0%~7.0%、利用限度額200万円~1,000万円のカードローン「エグゼクティブプラン」や、有担保ローンである「みずほプレジャーエイジ」、借りたお金の使い道が決まっている「多目的ローン」なども提供しています。

「多目的ローン」は、資金使途自由のカードローンよりも低金利でお金を借りられるので、自動車の購入資金など、借りたお金の使い道が決まっている方は、みずほ銀行の多目的ローンの審査に申し込んでみても良いかと思います。

もちろん、みずほ銀行では、「教育ローン」や「リフォームローン」「住宅ローン」などの商品も充実しているので、チェックしてみてください。

それでは、みずほ銀行のカードローンでお金を借りることを検討している方に詳しい内容を解説していきます。

みずほ銀行のカードローンの金利・借入限度額

みずほ銀行のカードローンの金利2.0%~14.0%で、借入限度額は、10万円~800万円となっていますが、詳しくは以下になります。
借入額 金利
10万円以上 100万円未満 年 14.0%
100万円以上 200万円未満 年 12.0%
200万円以上 300万円未満 年 9.0%
300万円以上 400万円未満 年 7.0%
400万円以上 500万円未満 年 6.0%
500万円以上 600万円未満 年 5.0%
600万円以上 800万円未満 年 4.5%
800万円 年 2.0%

みずほ銀行で住宅ローンを利用している方は、上記金利から0.5%引きでお金を借りることができます。(住宅ローンとカードローンの両方を同じみずほ銀行の支店で利用することが条件)

みずほ銀行カードローンの金利と限度額を他社と比較

カードローン名 金利 限度額
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0% 800万円
カードローン名 金利 限度額
三菱UFJカードローン バンクイック 1.8%~14.6% 500万円
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5% 800万円
りそなプレミアムカードローン 3.5%~12.475% 800万円
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8% 800万円

金利を比べるときは、最高金利を比べると良いでしょう。(初回の借入額は少なめに設定されることが多いのでほとんどが最高金利が適用されるため)

最高金利を比べると、みずほ銀行カードローンは、他の銀行カードローンに比べてりそなプレミアムカードローンには敵わないまでも、低金利に設定されていますね。

限度額については、横並びになっています。

続いて、大手消費者金融と金利と限度額を比較してみましょう。

消費者金融 金利 限度額
アコム 3.0%~18.0% 800万円
プロミス 4.5%~17.8% 500万円
アイフル 3.0%~18.0% 800万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% 800万円
レイクALSA 4.5%~18.0% 500万円

大手消費者金融の最高金利はプロミスの17.8%、それに対してみずほ銀行カードローンは14.0%なので、金利面はやはり消費者金融と比べると低金利です。


ただ、大手消費者金融で実施している期間限定の無利息サービス(金利0円)は行っていません。

借入限度額は、アコムやアイフル、SMBCモビットが800万円に対して、みずほ銀行カードローンも800万円なので変わりはありません。

しかし、消費者金融場合、総量規制の対象なので年収の3分の1以上の貸し付けを行えないので、800万円のお金を借りるには、年収が2400万円以上必要です。

それに対して、みずほ銀行カードローンは、銀行法が適用されるので、総量規制の対象外です。つまり年収の3分のい1以上のお金を借りることができます。

とはいえ、近年、銀行の貸し過ぎが問題になり、積極的に大金を貸し付けないような傾向になってきています。

限度額は、審査によって決定されます。


みずほ銀行のカードローン申込み方法・借入までの流れ


みずほ銀行カードローンの申込み方法は、「1.インターネット(パソコン・スマホ)申込み」「2.みずほ銀行の店頭申込み」「3.郵送申込み」「4.電話申込み」の4つです。

みずほ銀行のカードローン必要書類

みずほ銀行カードローンの申込みに必要な書類は「本人確認書類」と「収入証明書」です。借入希望金額が50万円以下の方は「本人確認書類」のみでOKです。


<本人確認書類>
運転免許証、運転経歴証明書、パスポート、健康保険証、印鑑証明書(発行後3ヵ月以内)、住民票(発行後3ヵ月以内)、特別永住者証明書、在留カード。


<収入証明書>
源泉徴収票、住民税決定通知書または課税証明書、納税証明書

※上記の他にみずほ銀行に普通預金口座をこっている方は、銀行の届け印も必要になりますので用意してください。

普通預金口座がないとみずほ銀行カードローンでお金を借りられない

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」や、三井住友銀行カードローンの場合は、普通預金口座を持っていなくてもお金を借りることができますが、みずほ銀行カードローンの場合は、普通預金口座を持っていないと利用できません。


かなり不便ですね。三菱UFJ銀行と三井住友銀行より申込みのハードルが高いので、みずほ銀行を使っている方以外は、他の銀行カードローンに申し込む方の多いかと思います。
ただ、申込み時にみずほ銀行の口座を持っていなくても、審査に通過後、普通預金口座を作ることによってカードローンを利用することができます。

みずほ銀行カードローンは低金利なので、これを機に口座を作っても良いと言う方は申し込んでみてはいかがでしょうか。

審査時に在籍確認はある?

みずほ銀行カードーローンに申し込むと審査時に在籍確認が行われます。在籍確認はあなたの勤め先に電話をして、あなたが本当に在籍しているのか?確認するためのものです。 その時必ずしもあなたが会社にいなくても大丈夫です。「○○さんいらっしゃいますか?」と審査担当者が言ったときに「○○は外出中です」というやり取りでも、あなたがその勤務先に在籍していることが確認できるのでOKです。


ただ、在籍確認でカンが良い人は、カードローンの申込みかな?と気が付く同僚もいるかもしれないので、内緒でお金を借りたい方は、あらかじめ、クレジットカードに申し込んだので、電話がかかってくるかもしれないということを同僚に伝えておくと良いでしょう。

または、電話連絡なしで申し込むことができるSMBCモビットでお金を借りることをお勧めします。

1.インターネット(パソコン・スマホ)申込み


1.ネットで申込み
みずほ銀行の公式サイトから、パソコン・スマホを使って申し込みます。氏名や年齢、職業、年収、住所、電話番号など必要事項を入力して送信します。申込みボタンは「みずほ銀行に口座を持ている方」「みずほ銀行に口座を持っていない方」に分かれているので間違えないようにしてください。

2.審査開始
みずほ銀行と保証会社「オリエントコーポレーション(オリコ)」の審査が開始されます。本人への電話連絡や職場への在籍確認の電話があるので準備しておきましょう。

3.審査結果
入力したメールアドレス宛てにみずほ銀行から審査結果が届きます。

4.審査完了後のカードローンの契約手続き
<みずほ銀行に口座を持っている方>
みすほ銀行から必要書類登録用URLが送信されますので、手順にどおりに手続きを勧めます。

<みずほ銀行に口座を持っていない方>
普通預金口座を同時に申し込んだ場合、通帳が届きます。みずほ銀行の通帳が届き次第、カードローン口座の開設とキャッシュカードが送られてきます。

※みずほ銀行カードローンは普通預金口座を持っていないと利用することはできません。
5.みずほ銀行カードローンの契約完了
すべての手続きが無事に完了すると、みずほ銀行から「契約内容確認書」が届きます。

6.借り入れ開始!
みずほ銀行カードローンを利用してお金を借りることができます。限度額の範囲内で何度でもお金を借りることができます。

<キャッシュカード兼用型>
カードローンの契約完了後すぐにキャッシュカードを使ってお金を借りることができます。

<カードローン専用型(ローン専用カード)>
カードローン契約完了後、1~2週間後にローン専用カードが届きます。急いでお金を借りたい方はキャッシュカード兼用型がおすすめです。


以上でわかるように、みずほ銀行カードローンにインターネットで申込むと来店不要のWEB完結で契約することができるので、1番おすすめの申込み方法です。


2.みずほ銀行の店頭申込み

1.店頭に出向いて申込み
近くのみずほ銀行各支店の窓口でカードローンの申込みを行います。申込用紙に氏名や年齢、職業、雇用形態、勤続年数、年収など必要事項を記入し、本人確認書類のコピーなどの書類を提出します。印鑑も必要なので忘れないようにしてください。

2.審査開始
みずほ銀行と保証会社「オリエントコーポレーション(オリコ)」による審査が開始されます。

3.審査完了・カードローン契約手続き
キャッシュカード兼用型(ローンカードとしても使えるキャッシュカード)を希望した方はカードローン契約後にすぐお金を借りることができます。キャッシュカードとローンカードを分けたい方は、カードローン契約後1~2週間程度でローン専用カードが郵送されます。

3.郵送申込み

みずほ銀行に備えつけてある「メールオーダー」によって郵送で申し込みます。必要書類は以下になります。


・カードローン申込書
・本人確認書類の写し
・収入証明書の写し

※郵送での申込みは、みずほ銀行に普通預金口座を持っている方のみ行えます。みずほ銀行に口座を持っていない方は、インターネットや店頭でカードローンを申し込んでください。

4.電話申込み

みずほ銀行カードローンを電話で申し込む方は、以下の電話番号に連絡してください。


▼みずほ銀行カードローン専用ダイヤル
0120-324-555
受付時間:平日9時~20時

みずほ銀行のオペレーターの指示に従って、審査申込みを行ってください。勤め先の情報なども必要になるので、「みずほ銀行カードローン専用ダイヤル」に電話をする前に用意しておきましょう。


みずほ銀行カードローンの審査は厳しい?


みずほ銀行カードローンの審査は甘くありません。極端に年収が低い方や、過去に延滞や債務整理を行って間もない方、携帯電話本体の分割払いを滞納している方、勤続年数が短い方はみずほ銀行カードローンの審査に通過することは難しです。

ただ、厳しいと言っても、過去に金融事故を起こしていなく、派遣社員や契約社員、アルバイト・パート、主婦の方、自営業者の方でも継続した安定収入があり、勤続年数も長い方なら、審査に通過することはそれほど難しくないので、過度に心配することはありません。

カードローンの審査で1番審査が甘いのは、中小規模の消費者金融、その次が大手消費者金融、その次が地方銀行になります。(一般的に言われています)

審査に自信がない方は、他の金融機関に申込みを検討してみましょう。


みずほ銀行カードローンでお金借りる方法


みずほ銀行カードローンでお金借りる方法は「1.みずほダイレクト」「2.ATMからの借入」の2種類です。

1.みずほダイレクトでお金を借りる

みずほダイレクトは、インターネットバンキング、モバイルバンキング、テレホンバンキングを利用できるサービスです。みずほダイレクトを使って借り入れを行うことができます。


みずほダイレクトからの借入申込みは、24時間行うことができますが、平日の0時~15時の申込みで当日扱い、それ以降の時間や土日・祝日の場合は、翌営業日扱いになるのでご注意ください。


2.みずほ銀行ATM・提携ATMでお金を借りる


キャッシュカード(兼用型)、もしくはローン専用カードを使って、みずほ銀行ATM、提携ATMからお金を引き出す借入方法です。


みずほ銀行ATMはちろん、ゆうちょ銀行、全国のセブン銀行ATM(セブンイレブン)、ローソンATM、Enet(ファミリーマート・デイリーヤマザキなど)と提携しているので、借り入れはとても便利です。

みずほ銀行ATM 利用時間

月曜日 7時00分~24時00分※返済・振替は8時45分~18時00分
火曜日~金曜日 終日※返済・振替は8時45分~18時00分
土曜日 0時00分~22時00分※返済・振替は9時00分~17時00分
日曜日 8時00分~21時00分※返済・振替は9時00分~17時00分
 

コンビニATM 利用時間

平日 終日※返済は8時45分~18時00分
土曜日 0時00分~22時00分※返済は9時00分~17時00分
日曜日 8時00分~24時00分※返済は9時00分~17時00分
 

みずほダイレクトよりも、時間が長いので、15時以降に即日でお金を借りたい方は、ATMを利用してキャッシングしてください。

ATMの手数料

ATMの手数料は、みずほ銀行ATMは何度利用しても無料になります。コンビニATMは、みずほマイレージクラブに加入すれば月に4回まで手数料は無料になります。


※その他、ATMやカードの種類によって、借入、返済、振替、振込、残高照会などの操作ができるものと、できないものがありますので、詳しくは「カードローンのご利用可能なATMについて」をご覧ください。

キャッシュカード兼用型なら自動貸越機能・スイングサービスが使える

ローン専用カードではなく、キャッシュカード兼用型の場合、自動貸越機能、スイングサービスを利用しることができます。


みずほ銀行の自動貸越機能


キャッシュカードでお金を引き出しす時に、預金残高が不足した場合に自動的にカードローン口座から借り入れを行い、現金が引き出せるサービスです。手軽にお金を借りることができるので便利です。これは消費者金融などにはないサービスです。


みずほ銀行のスイングサービス


公共料金やクレジットカードの自動引き落としの際、通常、残高不足になると引き落としができませんが、みずほ銀行のスイングサービスを利用すれば、残高不足になっても、自動的にカードローン口座から借り入れが行われ、引き落としを行うことができるサービスです。


以上のような便利な自動貸越機能・スイングサービスを利用したい方は「キャッシュカード兼用型」、手軽にお金が借りられると、借り過ぎが心配な方はローン専用カードを申し込んでください。

みずほ銀行カードローン即日融資可能?

みずほ銀行カードローンでお金を借りる場合は、即日融資は可能なのでしょうか?結論から言うと即日融資はできません。


みずほ銀行カードローンの審査スピードを見てみましょう。

申し込み方法審査時間
インターネット(パソコン・スマホ)翌営業日以降
みずほ銀行の店頭窓口翌々営業日以降
電話申し込み申込受付後、翌々営業日以降
郵送での申し込み申込書到着後、翌々営業日以降

最速でも翌日以降の審査結果です。さらにキャッシングできるようになるまで日数が必要なので、急いでいる方は銀行カードローンではなく、プロミスやアコムなどの消費者金融に即日融資申し込んでください。

アコム 借り方【即日でアコムからお金借りる方法】
プロミス 借り方 即日でお金を借りる方法

みずほ銀行カードローン 返済方法

みずほ銀行カードローンの返済方法は、約定返済は「自動引き落し」、そして随時返済は「みずほダイレクトからの返済」「ATMからの返済」になります。


自動引き落しで約定返済


みずほ銀行カードローンの約定返済日は毎月10日で、銀行が休日の場合は翌営業日になります。約定返済額以上のお金をみずほ銀行の返済用普通預金口座に入金しておきましょう。

みずほ銀行カードローン約定返済額は以下になります。

▼借入限度額が200万円以下の約定返済額

前月10日の利用残高毎月の約定返済額
1万円未満利用残高全額
1万円以上50万円以下1万円
50万円超100万円以下2万円
100万円超150万円以下3万円
150万円超200万円以下4万円

 

▼借入限度額が200万円以上の約定返済額

前月10日の利用残高毎月の約定返済額
1万円未満利用残高全額
1万円以上100万円以下1万円
100万円超200万円以下2万円
200万円超300万円以下3万円
300万円超400万円以下4万円
400万円超500万円以下5万円
500万円超600万円以下6万円
600万円超700万円以下7万円
700万円超800万円以下8万円
800万円超9万円

 

みずほダイレクト・ATMで随時返済

随時返済・一括返済を行う方は、みずほダイレクトやATMを利用してください。返済ができるATM、できないATM、ローン専用カード、キャッシュカード兼用型で、返済ができる、できないがありますので、詳細はこちらで確認してください。


※みずほ銀行の返済シミュレーションはこちらから行えます。


もっとお金を借りたい!増額申請(利用限度額の増額)


みずほ銀行カードローンを使って、もっとお金を借りたいと考えている方は、増額申請(利用限度額の増額)することで、限度額が増額する可能性があります。

もちろん、増額申請をしても必ず限度額が上がるわけではなく、審査があります。今までみずほ銀行カードローンでお金を借りたり、延滞することなく返済したり、実績を積めば希望が持てます。

ただ、どのくらい増額できるかは、あなたの年収なども関係してくるので、わかりません。みずほ銀行カードローンの増額申請は、インターネットやみずほ銀行の店頭窓口、電話(0120-324-555)で行うことができます。

みずほ銀行カードローンでお金を借りる「まとめ」

みずほ銀行カードローンは、「即日でお金が借りられない」「普通預金口座が必要」「無利息サービスがない」「審査が厳しい」などのデメリットもありますが、「低金利」「自動融資サービス」「ATM手数料無料」「メガバンクの安心感」などメリットが大きいカードローンです。


即日融資を希望しない方、金利0円サービスは必要ない方、過去に延滞などしていなくて審査に自信がある方は、みずほ銀行カードローンでお金を借りることを検討してみてください。

おすすめカードローン

1.プロミス

・最短1時間融資も可能
・30日間利息0円
・郵便物なし・カードなし
・WEB完結
・スマホ・PCから24時間365日申込み可
・簡単3秒診断
・パート・アルバイト可
・実質年率:4.5%~17.8%

どこに申し込むか迷っている方は、まずはプロミスにお申込みください。

プロミスをはじめて利用する方は「30日間利息0円」、即日融資可能、WEB完結で郵便物なしなので内緒で借りたい方にオススメです。


お金を借りる為の知識

カードローンでお金借りる

消費者金融でお金借りる

運営者情報