> >> カードローン【審査基準・流れ】年収いくら必要?勤続年数は?

カードローン【審査基準・流れ】年収いくら必要?勤続年数は?

カードローンでお金を借りるためには審査に通過しなければなりません。

ここでは、カードローンの審査基準(審査項目)である

・年収はいくら必要なの?
・雇用形態は?正社員じゃないと審査に通りづらい?
・勤続年数は?
・勤務先の規模は関係あるの?
・何歳から審査に申し込めるの?
・他社借入件数は年件まで?
・過去に返済の滞納・延滞したけど審査に通る?

などなど、徹底解説していきます。

また、カードローンの審査申込み~融資までの一般的な流れを解説します。


カードローンの審査通過ラインは不明?

消費者金融・銀行のカードローンの商品概要には「当社の審査基準に応じて総合的に判断しています」といった内容の文言が記載されています。


その「当社独自の審査基準」は一切公表していないため、審査担当者以外は明確にボーダーラインを答えることができませんし、審査に落ちた場合でも理由を明かすことはなく、申込者は審査に落ちた理由を知ることはできません。

それではカードローンの審査基準の解説はできないのでは?と疑問を抱いた方もいるかもしれませんが、最低限知っておくべき審査基準はあります。

消費者金融と銀行カードローンの審査の違い

消費者金融も銀行カードローンも、借りたお金の使い道が自由な無担保ローンですが、消費者金融・銀行のカードローンは異なっている点が幾つかあり、第一に法律が違うことを知っておきましょう。


・消費者金融=貸金業法
・銀行=銀行法

年収の3分の1以上のお金を借りられない「消費者金融」

貸金業法は、消費者金融・クレジットカード会社などの貸金業者が対象で、知っておいていただきたいポイントは以下です。


・年収の1/3以上の融資を制限(総量規制、通称サラ金規制)
・50万円以上の借入または他社含む100万円以上の借入で収入証明書類の提出
・収入がない専業主婦・年金収入のみの方への融資禁止
※配偶者貸付制度は可能

したがって、消費者金融のカードローンは大金を借りることは難しく、他社の借入金額・借入件数が多い方は審査に落ちてしまう可能性があります。

大手消費者金融の公式HPでは、「おためし診断」「かんたん診断」が用意されており、年収や他社借入金額・件数等の情報を入力することで、審査に申し込むことが可能か?数分程度でクリアしているか調べることができますので事前に試してください。

 

年収の3分の1以上のお金を借りられる「銀行カードローン」

一方、銀行は「銀行法」のもとで営業を行っている為、総量規制は関係ないので、年収の3分の1以上のお金を借りることが"法律上"可能です。


無職の専業主婦の方や、収入が年金のみの方も、銀行カードローンなら"法律上"借入可能になります。

しかし銀行カードローンは審査が厳しく・審査時間に時間がかかる

銀行カードローンは、無職の専業主婦や年金受給者でもお金を借りることができる為、審査が緩い・甘いのではないか?と思う方もいるかもしれません。


しかし、実は逆で、金利が低く、有利に借り入れが可能な銀行カードローンは、消費者金融に比べて審査が厳しいです。

銀行によって違いますが、年収の制限をしたり、正社員でないと審査に申込みができないカードローンも存在します。

審査が厳しい順に並べると・・・

1.銀行カードローン
2.大手消費者金融
3.中小消費者金融・街金

となります。

また、銀行カードローンは、現在、申込者が反社会勢力との関係者ではないか?調べるために警視庁のデータベースに照合をかける義務がある為、審査に時間がかかってしまい、即日融資は不可能になりました。

そのため、即日でお金を借りたい方は、審査が最短30分程度で終了する「プロミス」や「アコム」などの消費者金融を利用することになります。


1.カードローン申込者の属性を審査する

カードローンの審査では、申込者が申告した情報をもとに「属性」を審査します。

銀行や消費者金融は、住所・氏名・年齢・勤務先・年収など、その他細かい個人情報を総合的に判断して、審査基準をクリアしているか調べています。


以下に、属性審査で調べられる項目について幾つか紹介しておきます。

・年齢
・収入(年収)
・勤務先
・勤続年数
・雇用形態
・他社借入件数・他社借りれ額
・家族構成
・固定電話の有無
・住居形態
・保険の種類

※「他社借入件数・他社借りれ額」については「信用情報機関の個人情報を審査する」で解説しています。

審査項目1「年齢」

ほとんどの消費者金融や銀行では、年齢を「20歳以上65歳以下」で設定しています。定年の近い60代前後は審査で不利になりますが、審査落ちの直接的な原因になるとは断言できません。


また、学生ローンや学生専門のクレジットカードなど、18歳以上の未成年者の借り入れをOKにしている貸金業者やクレジットカード会社もありますが、親権者の同意が必要になります。


参考までに、大手消費者金融や銀行カードローンの申込み資格を一部紹介します。

アコム 20歳以上で安定した収入と返済能力を持ち、アコムの基準を満たしている方
プロミス 年齢20歳以上、69歳以下で安定した収入のあり、SMBCコンシューマーファイナンスの基準を満たす方
SMBCモビット 満20歳~69歳で安定した収入と返済能力を持ち、SMBCモビットの審査基準を満たす方
レイクALSA 満20歳~70歳で国内に住んでいる方、日本の永住権を持っている方
アイフル 満20歳以上の定期的な収入・返済能力がある方でアイフルの審査基準を満たす方(満70歳になったら融資中止)
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 満20歳以上65歳未満の、国内在住の安定した継続的な収入がある方。保証会社(アコム)の保証を受けられる方。
三井住友銀行カードローン 満20歳以上69歳以下で、安定した収入のある方。三井住友銀行指定の保証会社「SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)」の保証を受けられる方。
みずほ銀行カードローン 満20歳以上満66歳未満で、安定した収入があり、オリコの保証が受けられる方。

大手消費者金融や銀行は、すべて年齢は20歳以上になっていますが、上限の年齢がバラバラですね。


審査項目2「収入・年収」

カードローンでお金を借りるためには、本人に安定した収入があることが必要条件です。専業主婦がお金借りられる銀行カードローンもありますが、その場合でも配偶者に収入がないと審査に通ってお金を借りることができません。

カードローンの審査に通過してお金借りるには、どれくらいの年収額が必要となるのでしょうか?

年収がいくら以上で審査に通過できる?

銀行でも、消費者金融でも基本的に、年収がいくら以上ないと審査に通過することができない、などの設定はしていません。


稀に、銀行カードローンなどで、年収を設定している商品もありますが、だいたいがハイスペックなカードローン(低金利・限度額が高い)です。

上記「年齢」のところで、表にて紹介しましたが、ほとんどの銀行や消費者金融で「安定した継続収入」と記載されているだけで、実際の年収額に指定はありません。

アルバイトやパート、派遣社員など、年収が低い方でも、カードローンの審査基準をクリアすればお金を借りることができますのでご安心ください。

年収に比例して融資金額が決まる

カードローン審査では、返済できるかどうか?判断する為に「年収額」は大きな判断材料になのは確かです。


そのため、年収が低ければ融資金額も低くなり、年収が高ければ高い融資金額も認められやすくなります。

総量規制の概念でいえば、年収100万円の人であれば3分の1の33万円ほどの借り入れが可能となり、300万円の人であれば100万円の借り入れができるということです。

もちろん、それ以外の状況も審査では見られますので、これだけの金額を借りられるかどうか不明ですが「これ以上のお金は借りられない」だけは確実です。

年収が高くても最初の融資額は低め

年収が高い場合でも、すぐに高額融資が認められることは少ないです。最初から高い限度額を必要としている場合には、条件が厳しい銀行のカードローンの中でもさらに厳しい「プレミアム」などの銘のあるカードローンでお金を借りることになります。


(例)りそな銀行プレミアムカードローン

こうした厳しい条件のカードローンなら、最初から低金利で高額融資を目指せる可能性があります。

時間をかけて限度額を増やしていければ良いという人は、借り入れ・返済の実績を積んで増額の申し込みをすれば良いでしょう。


年収は銀行や消費者金融にどのように申告するの?

カードローン審査の場合、借入希望額によって収入の申告方法が違います。

これはカードローン業者によって違うのですが、大手消費者金融の場合は、5万円や10万円程度の借入希望額で、他社に借金がない場合は、収入証明書は必要なく、公式ホームページの申し込みフォームなどに年収を記入して終了です。

ところが一定の金額以上の融資を希望する場合、他社借入額が多額の場合は、給料明細や源泉徴収票などの収入証明書を実際に消費者金融や銀行に見せて(提出して)年収額を申告します。

高額融資の場合は、貸金業者の慎重に審査するので、自己申告ではない方法で厳密に行われています。

例えば、プロミスでお金借りる場合は、「借入希望額が50万円以上」「借入希望額+他社の借金額が100万円を超える場合」に収入証明書が必要になります。

収入証明書は「最新の源泉徴収票」「最新の確定申告書」「直近2カ月の急所明細+1年分の賞与明細書」です。

専業主婦がお金借りる場合の収入申告は?

専業主婦は、家庭内の仕事を行っているので収入はありません。しかし、その場合でも、商品によってはカードローンでお金を借りることができます。(大手消費者金融では借りれません。主に銀行カードローンになります)


その場合には、専業主婦本人の収入ではなく、配偶者の収入を申告することになるのが一般的です。

配偶者が働いており、一定の収入がある場合には専業主婦でもカードローン審査に通過してお金を借りることができます。

その収入の申告方法は銀行にによって違い、夫の収入証明書が必要な場合があったり、必要ない場合もあります。

審査項目3「勤務先」

国・都道府県・市町村>大企業>中小企業>自営業

銀行や消費者金融は「安定した継続収入がある方」に融資を行います。倒産危機が少なく安定している勤め先に勤務している方ほど、審査に通過しやすくなります。

国・都道府県・市町村や大企業に勤めている人は、倒産によって職を失って収入がなくなり、返済能力が低くなってしまうリスクは、中小企業に比べて少ないです。

また、中小企業に比べて、自営業の場合は、さらに返済リスクが高くなります。

※保険の種類でも同じことが言えます。

共済保険>組合保険>社会保険>国民健康保険

共済組合は国・都道府県・市町村に勤める「公務員」ですし、組合保険は大手企業、社保は中小企業の社員のケースが多いですからね。


審査項目4「勤続年数」

勤続年数は同一の会社に、長年勤めていれば勤めているだけ高評価に繋がります。

上記「勤務先」で解説したような「国・都道府県・市町村」や「大企業」に勤めている方でも、勤続年数が短いと、早期に退職してしまうリスクが高いのではないか?と、消費者金融や銀行に判断される為です。

勤続年数が短い「正社員」がカードローンの審査に落ちて、勤続年数が長い「パート・アルバイトの方」が審査基準をクリアできるケースもあるので、勤続年数が重要な審査項目です。

勤続年数はどれくらい長ければ審査基準をクリアできる?

消費者金融では「勤続年数1年以上」、銀行では「勤続年数3年以上」など、ネット上を調べると出てきますが、これらはあくまで、勤続年数の目安で、審査する銀行や消費者金融によって違います。


勤続年数半年のアルバイトの方が消費者金融の審査に通る場合もあれば、3年以上の勤続年数を持っている方が、銀行カードローンの審査に落ちる場合もあります。

勤続年数は、重要な審査項目ですが、カードローンの審査では、それ以外の部分もトータル的に判断するためです。

勤続年数なら虚偽申告してもバレない?

過去の延滞や、債務整理の有無、現在の借入金額・借入件数などは、信用情報機関で調べれば一発で虚偽申告がバレてしまいますが、勤続年数は信用情報機関に記載されていないのでわかりません。


また、カードローン審査時に銀行や消費者金融は、勤務先に在籍確認の電話をしますが、これは、本当に申告した勤務先に務めているのか?確認するだけなので、勤続年数まで調べることはありません。

でも、絶対に勤続年数の虚偽申告はやめておきましょう。

銀行や消費者金融は、少しでも申込者に対して不審な点があったら、保険証の提出を求める場合もあります。

保険証には、資格取得年月日が記載されているので、勤続年数に偽りがあれば、間違いなく審査に通過することはできなくなります。

審査項目5「雇用形態」

公務員>正社員>契約社員>派遣社員>パート・アルバイト>個人事業主

勤務先や勤続年数と同じで「雇用形態」も重要な審査項目です。


アルバイトやパートだから審査基準をクリアできないわけではありませんが、やはり公務員に比べると、退職する(解雇を言い渡される)確率が上がってしまいます。

ただ、公務員は、勤め先が国や都道府県・市町村なので、勤め先が倒産するリスクも少ないので言うことありませんが、正社員の場合は、勤め先が小さな会社で不安定な可能性もあります。

もちろん、契約社員・派遣社員、アルバイト・パートも同じことが言えます。

つまり、雇用形態だけでなく、勤め先の情報や、勤続年数などトータル的に審査を行うので、非正規雇用の方たちも、審査に通過する可能性が十分あります。


審査項目6「家族構成」

カードローンの審査では家族構成もポイントになります。

<審査に有利な家族構成>

独身・・・独身は、家族が多い方に比べると生活費が少なく、自由に使えるお金が多いので返済に回すお金も捻出しやすい環境です。ただし、社会的信用度は、既婚者に比べて低いと判断されることもあります。

共働き夫婦・・・既婚者であっても、夫婦で働いていれば、それだけ家族年収は高くなりますし、片方が病気や解雇等でしばらく働けなくなっても、収入が0円になりませんので、返済能力が高いと判断され、カードローン審査が有利になります。

子供がいない家庭・・・夫婦で共働きしていなくても、子供がいなかったり、独り立ちしてしまえば、生活費はそれほど多くなりません。子供がいる家庭に比べて、生活費が少ない分、返済にお金を回せるため、カードローン審査では有利になります。

親と同居している方・・・実家で親と同居している方は、独身で一人暮らししている方に比べて自由に使えるお金が多い傾向にあります。家賃や水道光熱費や食事代など、一定額を家に収めているかもしれませんが、生活費は少なく済みます。さらに本人が返済不能になっても、親が助けてくれる可能性も高いですし、親の住所を把握できる点を考えると、カードローン業者にとってはメリットが大きいです。


<審査に不利な家族構成>
上記とは逆に、「既婚者で共働きではない方」「結婚して子供がいる方」は、生活費が多くなる傾向があるので審査が不利になります。

しかし、年収が高い方は、生活費が高くても返済能力は高いですし、公務員や大企業で働いている方は安定性した返済能力もあります。

カードローンの審査は、トータル的に判断されるので、家族構成に関しては知識として覚えておく程度でよいかと思います。


審査項目7「固定電話の有無」

昔は、固定電話の有無が、消費者金融や銀行の審査に大きな影響を与えていました。ローン申込者・契約者との主な連絡手段は電話だからです。

返済が遅れた場合、消費者金融などでは、まっ先に電話で債務者の状況を確認しますが、それができないので、お金を貸す方にとってはかなりデメリットです。

また、固定電話を持っていると、104番号案内で名義を確認できますので、ローン申し込み者がしっかり電話回線の契約しているのか?身元確認できるメリットがあります。

しかし、最近は、電話加入権不要の固定電話がありますし、固定電話を持たなくても、携帯電話を持っているので、銀行や消費者金融はカードローン契約者と連絡がつきます。

昔ほど、固定電話の有無はカードローン審査では重要視されなくなっています。


審査項目8「住居形態」

カードローン審査に有利なのは「持家」に住んでいる方です。賃貸と違って、一軒家やマンションを持っている方は、返済不能になり、夜逃げする確率が低くなるからです。

賃貸と違って、家を持っている人は簡単に逃げられませんからね。

また持ち家がある方は、それを売却すれば返済できる可能性が高いので、お金を貸す方はリスクが低くなります。

また、賃貸だとしても「官舎」の場合は、公務員なのでとても安定した収入がありますし、「社宅」に住んでいる人は、ある程度の規模がある会社に勤めていることがわかります。

一般的な賃貸マンションやアパートに住んでいる方は、カードローンの審査が有利になることはありませんが、不利にもなりません。

ただ、公営住宅に住んでいる方は、低所得の方が多いですし、住み込みで働いている方は夜逃げリスクが高いので、カードローン審査では不利になってしまいます。

<居住年数>
住居形態はカードローンの審査に影響がありますが、居住年数も審査に影響があります。これは勤続年数と同じで、長ければ長いほど有利になります。居住年数が2年以上ではないと申し込めないカードローンも存在します。

引っ越したばかりの方は、カードローン審査が不利になります。

ただ、住居形態や住居年数は、年収や雇用形態、勤続年数、勤め先の情報などに比べて、それほど重要な審査項目ではないので、他の審査項目が問題なければ、審査基準をクリアしてお金を借りることは十分できますので、ご安心ください。


2.信用情報機関の個人情報を審査する

カードローン申込者の年収や勤務先など属性を審査する他に、銀行や消費者金融は、信用情報機関の情報を参照します。

日本の信用情報機関は、「JICC」「CIC」「全国銀行個人信用情報センター」の3社あります。

銀行や消費者金融は、上記の信用情報機関に加盟している為、あなたが過去に返済の滞納・延滞をしていないか?自己破産など債務整理は行っていないか?現在の借入件数・借入額はそのくらいか?など簡単に調べることができます。


延滞した人(延滞中の人)・過去に債務整理した「金融ブラック」


カードローン申込者の情報は、「スーパーホワイト」「ホワイト」「ブラック」に分別できます。

スーパーホワイト 過去にキャッシング等の利用歴のない人
ホワイト 返済滞納・延滞の履歴のない人
ブラック 返済滞納・延滞、債務整理・自己破産を行った人

他にも「申し込みブラック」があり、これは過去3か月以内にキャッシング業者3社以上の審査に申し込みした人のこと(諸説あり。短い期間にたくさん申し込みする人)を指し、審査のマイナス材料になります。

銀行や大手消費者金融は、一般的に「ブラック」の方を審査に通すことはありません。

延滞には、消費者金融や銀行カードローンの他に、クレジットカードの支払遅延の他、奨学金の延滞、携帯電話・スマホ本体の分割払いの延滞も含まれるので注意してください。

中小消費者金融は、過去に延滞歴・債務整理歴があっても、現在、延滞・滞納がない方なら、お金を貸してくれる場合もあります。


※過去に延滞・債務整理を行った方でも、5年~10年で信用情報機関の情報が削除されます。この状態は今まで借り入れを行ったことがない「スーパーホワイト」と同じ状態になる為、貸金業者は「スーパーホワイト」を警戒する場合もあります。

他社借入件数・借入金額

他社借入件数や借入金額は、カードローン申し込み時に自己申告しますが、個人情報機関を調べれば、消費者金融や銀行は簡単に把握できます。


※虚偽申告するとすぐにバレて審査に通過できなくなるので絶対にやめてください。

まず、消費者金融は年収の3分の1以上のお金を貸すことができないので、すでに年収の3分の1付近の借り入れを行っている方に対しては、限度額を少なくしたり、審査に落とします。

銀行場合は、法律的に年収の3分の1以上のお金を貸すことができますが、あまりにも他社の借入金額や借入件数が多い場合は、審査通過が難しくなってきます。

消費者金融も銀行も、明確に他社の借入金額・借入件数について公表はしていませんし、年収とのバランスが大切ですが、3社以上の借入件数があると審査は難しくなると言われています。

カードローンの審査 スコアリング判定

最近のカードローン審査では、スコアリング判定という審査方法を採用しています。


上記で説明したカードローンの審査項目である「年齢」「収入」「勤め先」「雇用形態」「勤続年数」「家族構成」「他社借入件数・借入額」などをはじめ「性別」「生年月日」などを数値化します。

そして金融機関が過去に集めた顧客データと照合し、カードローン申込者の返済能力が基準をクリアしているか判断する方法が「スコアリング判定」です。

銀行や消費者金融は「スコアリング判定」でまず、カードローン申込者の信用力・返済能力をチェックし、その後、信用情報機関のチェック、在籍確認、必要書類の確認をして、問題がなければ審査に通過させます。

この「スコアリング判定」は、機械が自動的に行ってくれるので便利なのですが、昔は書類ベースで人がスコアリング判定を行ってきました。

最近の大手消費者金融の審査スピードは最短30分です。

昔と違って、こんなに早く審査・融資を行うことができる理由の1つが「スコアリング判定」なのかもしれませんね。

「スコアリング判定」は、各消費者金融、銀行、銀行カードローンの審査を行う保証会社によって違ってきますが、上記で挙げた審査項目はどの金融機関も重要視しているポイントなので、申込み前に把握しておくようにしてください。


カードローン審査申込み~融資までの流れ


1.公式サイトで借入診断
大手消費者金融や銀行などでは、簡単に借入可能か?診断できるツールを提供しています。借入希望額や他社借入額、年収など3~5項目を匿名で入力すると簡易的に調べられるので是非活用してください。


2.カードローンの申込み
インターネットを使って消費者金融や銀行などの公式サイトからカードローンの申込みを行います。「氏名」「年齢」「住所」「電話番号」「年収」「勤務先」「雇用形態」「勤続年数」「家族構成」「住居の情報」「保険の種類」「固定電話の有無」など詳細を入力して送信します。

3.必要書類提出
運転免許証やパスポートなどの本人確認書類や、必要な場合は源泉徴収票などの収入証明書の提出をします。

50万円以下の借入金額の場合で、他社借入額が少ない方は本人確認書類のみの提出でOKな金融機関が多いです。

提出は、スマホのカメラ機能を使って、アップロードしたり、メールやFAXで必要書類を提出することができます。

詳しくは「カードローンでお金借りる時の必要書類」をご覧ください。

4.スコアリング判定
あなたの入力した情報を元にスコアリング判定をします。

5.信用情報機関のチェック
今まで支払いの延滞や債務整理はしていないか?現在の借入件数・借入額は自己申告と相違ないか?JICCやCICなどでチェックを行います。

6.在籍確認
勤め先にあなたが本当に在籍しているのか?電話で確認します。必ず本人が電話に出なくても大丈夫です。

「○○さんはいらっしゃいますか?」

という問いに、「○○は席を外しています」「○○は出張中です」「○○はお休みをいただいております」のような受け答えでも、あなたが在籍していることを確認できるので大丈夫です。

※在籍確認は金融機関名ではなく個人名で電話をかけてきます。ローンの申し込みを悟られない為です。

7.審査結果・契約書の提出
審査に通過するといよいよカードローンの契約です。最近は契約書のやり取りもインターネット上や自動契約機で行うことができます。

8.カード発行
カードローンの契約が完了すると、カードが発行されます。ローンカードは郵送で届く場合もありますが、自動契約機に取りに行くことも可能です。また、最近はカードレスでカードローンを利用することも可能なので、都合の良い方法でお金を借りてください。


金融機関によって、審査過程が前後する場合もありますが、カードローンの審査の流れはこんな感じです。

銀行カードローンの場合は、上記の途中で、カードローンの申込者が反社会勢力の関係者ではないか?警視庁のデータベースに照合をかけるので、審査・融資実行まで、数日~数週間かかります。

また、カードローンを申し込む銀行に口座を持っていない方は、口座開設する必要がある場合もあるので、さらに時間がかかります。

一方、大手消費者金融の場合は、審査時間最短30分、1時間以内で融資可能になっています。

おすすめカードローン

1.プロミス

・最短1時間融資も可能
・30日間利息0円
・郵便物なし・カードなし
・WEB完結
・スマホ・PCから24時間365日申込み可
・簡単3秒診断
・パート・アルバイト可
・実質年率:4.5%~17.8%

どこに申し込むか迷っている方は、まずはプロミスにお申込みください。

プロミスをはじめて利用する方は「30日間利息0円」、即日融資可能、WEB完結で郵便物なしなので内緒で借りたい方にオススメです。


お金を借りる為の知識

カードローンでお金借りる

消費者金融でお金借りる

運営者情報