> >> カードローンでお金を借りたい!審査基準を完全解説!

カードローンでお金を借りたい!審査基準を完全解説!

カードローンでお金を借りるためには審査を通過しなければなりません。
ここでは、カードローンの審査基準について詳しく解説していきますので、これからカードローンの審査を受ける予定の人は一度目を通してみてください。

カードローンの審査通過ラインは不明?

消費者金融・銀行のカードローンの審査では、「当社の審査基準に応じて総合的に判断しています」といった内容の文言が商品詳細ページに記載しています。

その「当社独自の審査基準」は一切公表していないため、審査担当者以外は明確にボーダーラインを答えることができませんし、審査に落ちた場合でも理由を明かすことはなく、申込者は審査に落ちた理由も知ることはできません。

それではカードローンの審査基準の解説はできないのでは、と疑問を抱いた人もいらっしゃるかもしれませんが、最低限知っておくべき審査基準はあります。

この記事では、カードローンの審査を受ける予定の人が最低限の知識を蓄えられるようにわかりやすく解説しています。

消費者金融と銀行のカードローンの違い?

消費者金融・銀行のカードローンは使途自由のカードローンのため、どちらでも差はないだろうと思っているかもしれません。

しかし、消費者金融・銀行のカードローンは異なっている点が幾つかあり、第一に制限を加えている法律が違うことを知っておきましょう。

・消費者金融の制限=貸金業法
・銀行の制限=銀行法

上記の法律の中で、知っておくべき法律は貸金業法になります。

貸金業法は、消費者金融・クレジットカードのキャッシング枠を対象に制限を加えており、知っておくべき制限は以下のような事柄があります。

・年収の1/3以上の融資を制限(総量規制、通称サラ金規制)
・50万円以上の借入または他社含む100万円以上の借入で収入証明書類の提出確定
・収入を得ていない専業主婦の融資禁止

※配偶者貸付制度の利用は可能

したがって、消費者金融のカードローンは大金を借りることは厳しく、他社で借入している人は審査に申し込みしても落ちてしまう可能性があり得ます。

法律上審査に通らないカードローンの審査に申し込みしても意味がありません。

大手消費者金融の公式HPでは、「おためし診断」「かんたん診断」の項が用意されており、他社借入金額等の情報を入力することで最低限審査に申し込みできる条件をクリアしているか調べることができますので、ぜひ事前に試すようにしましょう。

信用情報機関の情報は重要!信用情報審査について解説!

カードローンの審査は、信用情報機関の情報を参考にしています。

日本の信用情報機関は、「JICC」「CIC」「全国銀行個人信用情報センター」の3社に大別できますが、扱っている情報に大差はありません。

カードローンの審査では、上記の信用情報機関に申込者の情報開示請求を行ったうえで、審査可否の重要な参考にしています。

申込者の情報は、「スーパーホワイト」「ホワイト」「ブラック」に分別できます。

・「スーパーホワイト」=過去にキャッシング等の利用歴のない人
・「ホワイト」=返済滞納・延滞の履歴のない人
・「ブラック」=返済滞納・延滞、債務整理・自己破産を行った人

他にも「申し込みブラック」があり、これは過去3か月以内にキャッシング業者3社以上の審査に申し込みした人のこと(諸説あり。短い期間にたくさん申し込みする人)を指し、審査のマイナス材料になります。

キャッシング業者は、一般的に「ブラック」の人を対象に貸付しない傾向です。

また、信用情報機関は現在の借入状況を調べることができ、3社以上で借入している人は審査のマイナス材料になります。

結局キャッシング業者は返済時の利息で利益を得ているため、少しでも返済をしない可能性のある人は躊躇なく落とされる可能性があることは覚えておきましょう。

属性審査の有利不利とは?属性審査について解説!

カードローンの審査は、住所・氏名・年齢・勤務先その他細かい個人情報を総合的に判断して審査基準をクリアしているか調べています。

以下に、属性審査で調べられる項目について幾つか紹介しておきます。

・年齢
・家族構成
・固定電話の有無
・住居形態
・保険の種類
・収入
・勤務先
・雇用形態
・勤続年数

それでは、上記属性の有利不利について解説していきましょう。

審査項目1「年齢」

年齢は、ほとんどの消費者金融や銀行は20歳以上60歳以下で設定されています。定年の近い60代前後は審査で不利になりますが、審査落ちの直接的な原因になるとは断言できません。

審査項目2「家族構成」

同居の家族の有無が審査の有利不利に繋がり、以下の順で評価になります。
独身者・親同居>既婚者・親同居・子供なし>既婚者・親同居・子供あり>既婚者・親別居・子供なし>既婚者・親別居・子供あり>独身者・親別居

固定電話の有無

固定電話の所有者は審査に有利ですが、近年は電話加入権不要の固定電話がありますので、最近はそこまで重要視しない傾向にあります。

審査項目3「住居形態」

住居形態は、下記の順番で評価に繋がります。
自分名義の持家>家族名義の持家>官舎や社宅>賃貸マンション・アパート>公営住宅
持家の人は財産持ちになりますし、逃げないと思われています。

審査項目4「保険の種類」

保険の種類は、下記の順番で評価に繋がります。
共済保険>組合保険>社会保険>国民健康保険
公務員は高評価を受けています。

審査項目5「収入」

収入は高ければ高いほど高評価に繋がることは言うまでもありません。

また、貸金業法では年収の1/3以上の融資を禁じているため、収入の多い人ほど借りられる可能性が高くなります。

審査項目6「勤務先」

行政>大企業>中小企業>自営業>パートタイマー・アルバイト>無職・専業主婦
自営業の人は不安定な収入なこともあるため、場合によってはパートタイマー・アルバイト以下の評価を受けるかもしれません。

審査項目7「雇用形態」

公務員>正社員>契約社員>派遣社員>パートタイマー・アルバイト>個人事業主

審査項目8「勤続年数」

勤続年数は同一企業に長年勤めていれば勤めているだけ高評価に繋がりますが、基本的に5年以上勤めていれば評価は高くなります。

一方、1年未満の人は不利になります。

さて、ここまで属性審査の個別の評価について解説してきましたが、審査通過の可否は総合的に判断したうえで行われるため、一部分のみ評価が悪くても大丈夫です。

したがって、キャッシング業者の審査に申し込みさえできれば、カードローンの審査に通る可能性は充分あるでしょう。

カードローンでお金を借りたい!知りたい審査基準まとめ!

以上に解説してきたように、審査基準は押さえておくべきポイントがあります。
・貸金業法の制限に該当している人は銀行のカードローンを選ぶ

・信用情報機関の情報は重要なポイント
・属性は審査において有利不利を設けているが、総合的に判断される

お金を借りる為の知識

カードローン

消費者金融