カードローン

会社の在籍確認なしでお金を借りることはできる?

消費者金融などからお金を借りることを検討している人にとって、最大のネックとなるのが「在籍確認」だと思います。

在籍確認というのは消費者金融や銀行カードローンなどの担当者が、あなたがネット等でローン申し込みをしたときに「ここに勤めています」と申告した勤務先にあなたが本当に在籍しているかどうかをチェックする手続きのことです。

カードローンは通常は無担保のローンになりますので、お金を貸す側(消費者金融や銀行など)の立場からすると、貸したお金がちゃんと帰ってくるかどうかは申し込みをした人のお給料だけが頼りということになります。

そのため、消費者金融や銀行はこの在籍確認についてはかなり厳しくチェックしてくるのが普通なのです。

でも、「消費者金融や銀行からお金を借りようとしている」なんて勤務先の人たちにはぜったいに知られたくないというのが普通ですよね。

ここでは金融機関からお金を借りるときの在籍確認を避ける方法や、どうしても避けられない場合に勤務先の人にバレないようにするための方法について解説させていただきます。

地元密着の地銀よりメガバンクのカードローンの方が審査は厳しい?

すぐにお金を借りたいときに重宝するのが、カードローンですが、最近人気を集めているのが銀行カードローンです。

消費者金融と比較して低金利で限度額も多く、しかも年収の3分の1以内という「総量規制」の縛りもありません。

銀行カードローンにも、メガバンク、地方銀行、ネット銀行など、提供している金融機関によって違いがあります。

今回は、近くに店舗があって安心なメガバンクと地銀のカードローンに絞って、その詳細を比較していきます。

特に審査基準などを気にする方が多いので、審査については詳しく述べていきます。

女性専用のカードローンって何が違うの?お得なの?

貸金業者からお金を借りるのは「男性」が多いというイメージですが、実は女性もかなり多いです。男性が自分のためにお金を借りるのとは異なり、女性、特に主婦は家計の足しに借金をする人が多いのが特徴です。

最近では、貸金業者各社もサービス拡充に努めていますが、その中でも各貸金業が力を入れているのが「女性専用カードローン」です。

女性専用のカードローンは、通常のカードローンと何が違うのでしょうか?
ここでは、女性専用カードローンのメリットやデメリット、審査などについて紹介します。

カードローンの審査申込時の必要書類

カードローンの審査をする時には、消費者金融であっても銀行であってもすべて書類の提出が必要となります。

申し込み時のパソコン入力や申し込み書類への記入した内容を客観的に証明するための重要な過程です。ここでは、カードローンの申し込みの際に提出する必要書類の種類や提出方法などをお伝えします。

この過程をスムーズに行えると、審査や契約も速やかに進めることができるため、前もって確認して準備をしておきましょう。

カードローンの契約書類・利用明細が届く時期は?郵送物はナシにできる?

カードローンの契約書類や利用明細などの郵送物は、家族バレを引き起こす原因となります。カードローンは「別に悪くない」ことですが、人によっては「あまり知られたくない」と感じるものでもあります。

残念ながら、カードローンに抵抗感を持っている人は多いものですし、「借金」として毛嫌いする人もいます。こうした世間の風に傷つかずにカードローンを利用するためには、郵送物をどうにかすることが必要です。

カードローンでお金を借りたい!審査基準を完全解説!

| コメント(0) | トラックバック(0)

カードローンでお金を借りるためには審査を通過しなければなりません。
ここでは、カードローンの審査基準について詳しく解説していきますので、これからカードローンの審査を受ける予定の人は一度目を通してみてください。