お金を借りる即日融資ガイド110番では

お金を借りる即日融資ガイド110番では、24時間365日、土日祝日でもスマホやPCから申込み可能な「即日融資可能な銀行カードローン」や「消費者金融キャッシング」を紹介します。
主婦の方でも学生の方でもアルバイト・パートでも一定の条件を満たせば即日でお金を借りることは可能です。

ここでは、安心してお金を借りることが可能な貸金業者だけを紹介します。
急いで当日中にお金を借りたい方はぜびご覧ください。

即日でお金を借りる方法

計画的に生活を営んでいたところで、予想外の出費に見舞われてしまうことはありますね。 給料日まで期間が長かったり、貯金が無かったりした場合は、どういった方法でお金を工面するべきか悩んでしまうことでしょう。

家族・親戚・友人等にお金を借りる方法は手っ取り早いですが、お金の貸し借りは人間関係を崩壊させてしまう原因になりかねません。

そこで、消費者金融・銀行のキャッシングやカードローンの利用を検討する方が多いのではないでしょうか。

ただ気を付けて欲しいことは、適当に貸金業者の審査に申し込みをするべきではなく、対象の貸金業者が即日融資に対応しているところを選ばなければなりません。

上記に挙げた記述はあくまで一例で、絶対に当日中にお金を借りたい方は他にも多くの情報を知っておく必要があります。

ここでは、絶対に即日でお金を借りたい方が失敗せずに現金を手にする方法を、徹底的に解説していきます。

審査通過率に注目!即日でお金を借りるためにはまず審査通過が肝心!

消費者金融にせよ銀行にせよ、即日でお金を借りたい方は、確実に審査を通過しなければならないため、少しでも審査に通過する確率が高い貸金業者を選ぶ必要があります。

また、短期間に複数の貸金業者に連続で審査に申し込みした場合、信用情報機関に申込ブラックの情報が載ってしまいますので、審査に落ちる可能性は高くなってしまいます。

したがって、「この貸金業者であれば審査通過は大丈夫だろう」というところを明確に選ばなければなりません。

また、基本的に審査通過率は銀行よりも消費者金融の方が高いため、こだわりがない方は消費者金融を選ぶべきでしょう。

それでは、審査通過率が発表されている貸金業者の第1位~第3位まで紹介しましょう。

ランキング 貸金業者名 審査通過率
第1位 アコム 48.2%(平均)
第2位 アイフル 46.8%(平均)
第3位 プロミス 43.3%(平均)
※2016年度の審査通過率参照
※即日融資対応の貸金業者のみ


上記消費者金融は審査通過率が高いことが数値で表れているため、信ぴょう性があります。

また、第4位は銀行系カードローンの新生銀行レイクになり、貸金業法の総量規制対象者は検討してみてはいかがでしょうか。

※貸金業法の総量規制は消費者金融を対象に年収の1/3以上の借入を禁じた法律、銀行系カードローンは貸金業法の総量規制対象外になります。

ここでは大手消費者金融を中心に解説してきましたが、中小消費者金融はさらに審査に通りやすいと言われています。

過去のキャッシング利用歴等で、大手消費者金融でも審査に通らない可能性が高いといった方は、中小消費者金融を検討してみるべきかもしれません。

即日融資を受けるためには審査の申し込み方法が大事!

貸金業者は数多くの審査申し込み方法を用意しており、店舗窓口・自動契約機・WEB(インターネット)・郵送・FAXなどを代表に挙げることができます。

基本的に即日融資対応の審査申し込み方法は、店舗窓口・自動契約機・WEBになります。

店舗窓口・自動契約機では当該貸金業者の営業時間内に審査が完了すれば、その場で専用ローンカードが発行され、最寄りのATMで借入することができます。

一方、WEB(インターネット)は店舗窓口・自動契約機に専用ローンカードを取りに行かない場合では、申込者指定の銀行口座に振込融資を依頼することになります。

振込融資では銀行の振込反映時間が関係してくるため、当日中にお金が必要な方は時間帯に注意を払わなければなりません。

ゆうちょ銀行 平日9時~14時で当日振込可能
その他の銀行・信用金庫 平日9時~14時30分で当日振込可能
上記の時間帯までに審査に通過していることが条件になりますので、少しでも早い時間帯に申し込みをしておくことが重要になるでしょう。

スムーズに審査を行っている貸金業者でも、在籍確認や書類不備等で予想外に審査時間が長引いてしまうケースは珍しくありません。

可能であれば、営業開始時間直後や前日にWEBで申し込みを完了しておくことが望ましいでしょう。

ただ、一部の貸金業者では、指定の銀行口座を所有していれば、ほぼ24時間即時振込に対応しているところがあります。

例1:アコム(楽天銀行のみ年中0時10分~23時50分は即時振込可能)
例2:プロミス(三井住友銀行またはジャパンネット銀行は年中24時間即時振込可能)

夜でも即日融資対応の貸金業者はどこ?

仕事の終業時間や用事で昼間は審査に申し込みができないといった方も多いでしょう。ここでは夜でも審査に申し込みができ、当日中にお金を借りられる貸金業者を紹介します。

貸金業者名 申込方法 最終営業時間 審査時間
アコム むじんくん 21時 最短30分
アイフル 契約ルーム 22時 最短30分
プロミス プロミス自動契約機 22時※一部21時 最短30分
新生銀行レイク 自動契約機 21時※第3日曜19時 最短即時
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック テレビ窓口 平日20時、土曜祝日18時、日曜17時 最短30分
三井住友銀行カードローン ローン契約機ACM 21時 最短30分

すべて自動契約機を利用した審査申し込み方法で、専用ローンカードをその場で発行してもらうケースになります。

最終営業時間ぎりぎりで審査に申し込みした場合、専用ローンカードの発行まで到達できず即日融資を受けることができない可能性もあります。

即日融資でお金を借りる方法「まとめ」

この項目では、ここまで解説してきた内容を簡潔にまとめておきますので、これから貸金業者の審査に申し込みすることを検討している方は、再確認に利用してみてください。

・即日融資対応の貸金業者を選ぶ
・審査通過率の高い貸金業者を選ぶ
・即日融資可能の審査申し込み方法を選ぶ
・夜は自動契約機で即日融資可能の貸金業者を選ぶ

アルバイトやパートタイマーでも大丈夫!お金を借りる方法は難しくない!

消費者金融・銀行のカードローンやキャッシングを利用するためには、審査に通過しなければ融資を受けることは絶対にできません。

キャッシング業者の審査では雇用形態を記入する項目があり、公務員・会社員・契約社員・派遣社員・アルバイト・パートタイマー等の中から自身の雇用形態を記入します。

中でも公務員・会社員といった雇用形態の人は、安定した雇用形態と判断されるため、キャッシング業者の審査評価は高くなります。

一方、アルバイト・パートタイマーの人は、公務員・会社員に比べれば不安定な雇用形態ですから、キャッシング業者の審査評価は低くなってしまいます。

また、一部のキャッシング業者では、アルバイト・パートタイマーの人は審査すら受けられないところもあるくらいです。

ここでは、アルバイト・パートタイマーの人でもお金を借りる方法を徹底的に解説していきます。

アルバイト・パートタイマーが審査に通過するための勤続年数・収入の目安

アルバイト・パートタイマーの人がキャッシング業者の審査に通過するためには、勤続年数・収入のボーダーラインを知っておくべきでしょう。

実際のところアルバイト・パートタイマーの人が審査を受けられるキャッシング業者は、そこまで厳しい基準を設けていません。

具体的に勤続年数は1年以上の実績があれば問題ないと言われており、最低でも勤続年数6か月を越えていなければ審査に通ることは厳しくなります。

また、年収は多ければ多いほど評価は高くなりますが、なにより大事なことは安定かつ継続した収入を得ていることになります。

アルバイト・パートタイマーでも安定かつ継続した収入であれば問題ないですが、短期間のアルバイト等の場合、審査通過は非常に厳しくなるでしょう。

また、消費者金融では借入限度額50万円までは収入証明書類の提出義務がありません。

もちろん虚偽の年収を記入してはいけませんが、元よりアルバイト・パートタイマーの人が高収入とはキャッシング業者も思っていないため、正直に年収は記入して大丈夫です。

ただ、消費者金融は貸金業法の総量規制の制限を受けるため、年収の1/3以上の借入は法律上できなくなっていますので、その点は注意しておきましょう。

アルバイト・パートタイマーは消費者金融・銀行どっちが借りやすい?

消費者金融と銀行では明らかに消費者金融の方が審査に通りやすいですし、消費者金融はアルバイト・パートタイマーの人でも問題なく審査に申し込みできます。
※銀行はアルバイト・パートタイマー不可や年収制限を設けているケースがよくあります。

また、消費者金融の中でも大手消費者金融よりも中小消費者金融の方が審査に通りやすくなります。

とはいえ、利便性や無利息期間サービスの有無等を考慮すれば、大手消費者金融にメリットを感じる人が多いでしょうし、過去に金融事故を起こしていない人であれば大手消費者金融でも審査に通る可能性は充分あります。

それでは、以下に有名所の大手消費者金融を紹介しておきます。

・アコム
・アイフル
・プロミス
・モビット


一方、消費者金融よりも銀行を希望する人もいらっしゃるかもしれません。

すでに消費者金融で借入しており貸金業法の総量規制を受けている人、消費者金融よりも銀行の方が安心感を覚えるといった人は、銀行を希望しているはずです。

銀行でもアルバイト・パートタイマー可能のところがありますので、以下に有名所の銀行カードローンを紹介しておきます。

・三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
・三井住友銀行カードローン
・みずほ銀行カードローン
・楽天銀行スーパーローン
・じぶん銀行カードローン
・新生銀行レイク
・ジャパンネット銀行ネットキャッシング
・セブン銀行カードローン
・ソニー銀行カードローン


上記銀行の中でも、「三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」」「楽天銀行スーパーローン」「新生銀行レイク」は、アルバイト・パートタイマーの人でも審査に通ったという口コミが多くありますので、前向きに検討するべき銀行と言えるでしょう。

アルバイト・パートタイマーの人がお金を借りる方法!まとめ

以上に解説してきました通り、アルバイト・パートタイマーの人でもキャッシング業者でお金を借りることは充分可能になっています。

それでは、この記事で解説してきた重要なポイントを以下にまとめておきます。

・安定かつ継続した収入を得ている必要あり
・消費者金融は銀行よりもアルバイト・パートタイマーを歓迎している
・大手消費者金融よりも中小消費者金融の方が審査は甘いが、利便性その他の考慮が必要
・大手銀行を中心にアルバイト・パートタイマーでも融資が可能なところあり


以上に挙げたポイントは、アルバイト・パートタイマーの人がお金を借りたい際に知っておくべきポイントになりますので、よく覚えておくことが大事になります。

お金を借りるなら消費者金融・銀行どっち?カードローンの違い完全版!

お金を借りたくなることは、誰でも人生で何度か訪れることがあるでしょう。

そんな際にお金の工面をしてくれる家族や親戚が居れば構いませんが、大半の方はキャッシング業者の利用を検討するのではないでしょうか。

キャッシング業者は大きく分けて、消費者金融と銀行の2種類に分けることができます。

おそらく大半の方は、消費者金融でも銀行でも大差ないだろうと思っていることでしょう。

実際のところどちらも使途自由のカードローンではありますが、あらゆる部分で異なっているところがありますし、知らなければ損をしてしまうこともあります。

ここでは、お金を借りたいと考えている方で、消費者金融と銀行のどちらにしようか悩んでいる方を対象に詳しく解説していきます。

大金を借りたい方は銀行カードローン一択!

借りたい金額が大きい方は、消費者金融よりも銀行のカードローンを選ぶべきです。

というのも、消費者金融は貸金業法の総量規制で年収の1/3以上の融資を禁じているため、大金を借りることは厳しくなります。

一方、銀行は銀行法に則って運営しているため、貸金業法の総量規制のような融資制限を受けることはありません。

当然、法律上の制限がないからといって必ずしも大金を借りられるわけではありませんが、消費者金融よりは間違いなく可能性があるでしょう。

迅速にお金を借りたい方は消費者金融

少しでも早くお金を借りたい方や絶対に即日融資を受けたいという方は、消費者金融を検討してみてはいかがでしょうか。

近年は、消費者金融・銀行どちらもインターネットを介した契約方法(WEB契約)が主流のため、即日融資に対応しているところも増えてきました。

ただし、WEB契約では振込融資が基本になりますので、銀行の振込時間の関係で翌営業日振込になってしまう可能性があります。

一方、消費者金融では大手消費者金融を中心に自動契約機を全国的に設置しています。

自動契約機は夜22時まで営業しているところもありますし、その場で専用ローンカードを発行してくれるため、最寄りのATMですぐに借入できます。

他にも、大手消費者金融はすべて最短即日融資に対応していますが、銀行はそもそも即日融資に対応していないところも多いため、融資速度は消費者金融にメリットがあるでしょう。

金利はどっちが低い? 返済期間で考えるべき!

お金は借りたら返す義務が生じるため、少しでも金利の低いキャッシング業者を選ぶことが利用者は大事になってきます。

低金利のキャッシング業者は間違いなく銀行になり、消費者金融は金利を高く設定していることは周知の事実になります。

大手消費者金融は上限金利をほぼ18.0%に均一化している一方、銀行の上限金利は14%程度になります。

具体的に、大手消費者金融のアコム・アイフル・モビットは上限金利18.0%、プロミスのみ上限金利17.8%で提供しています。

一方、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の上限金利は14.6%、三井住友銀行カードローンの上限金利は14.5%、といった具合に銀行系カードローンは基本的に低金利で提供しています。

ただし、大手消費者金融の大半は無利息期間サービスを提供しています。

無利息期間サービスは、初めて対象の消費者金融を利用する方で最大30日のあいだ無利息でお金を借りることができます、といった条件等になります。

したがって、無利息期間内に完済すれば1円すら多く返さなくて済みますし、短期間で完済予定を立てている方は、銀行よりも返済金額を減らすことができるでしょう。

ATM利用手数料は消費者金融・銀行どっちがお得?

消費者金融・銀行でお金を借りる際に、専用ローンカードを使ってATMから借入・返済をしようと考えている方も少なくないでしょう。

借入先のキャッシング業者専用のATMを利用すれば、基本的にATM利用手数料は発生しませんが、コンビニ等のATMを利用すればATM利用手数料が発生してしまうことがあります。

ATM利用手数料は1万円以下108円、1万円超216円のATM利用手数料が発生してしまいますので、何度も借入・返済を繰り返す予定の方はかなりの金額になるでしょう。

大手消費者金融では、コンビニATM利用手数料無料のところはありません。
※プロミスは三井住友銀行のATM利用手数料は無料ですが、コンビニATMは対象外。

一方、銀行はコンビニATM利用手数料無料のところが何社かありますので、ここでは以下に有名所の銀行を紹介しておきましょう。

・新生銀行カードローン「レイク」
・オリックス銀行カードローン
・三井住友銀行カードローン
・三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」


以上の銀行系カードローンは、コンビニATM利用手数料無料のため、コンビニATMの利用を考えている方は、検討してみてはいかがでしょうか。

お金を借りるなら銀行か消費者金融どっち? まとめ

以上に解説してきましたように、必ずしも消費者金融が優れているわけでも銀行が優れているわけでもありません。

利用者自身が最もメリットを感じるカードローンを選ぶことが大事と言えるでしょう。

それでは、今回の記事の重要点を簡潔にまとめておきましょう。

・大金を借りたい方は銀行のカードローン
・迅速にお金を借りたい方は消費者金融のカードローン
・低金利は銀行のカードローン、無利息期間サービスは消費者金融
・コンビニATM利用手数料無料は銀行のカードローン

安心してお金を借りられる消費者金融の特徴を徹底解説!

定期貯金を取り崩したり身内にお金を借りたりできれば安心ですが、消費者金融からお金を借りる場合は「本当に安心して借りられるのだろうか」と不安を抱く人も多いです。

というのも、闇金や闇金融と呼ばれる違法消費者金融が営業していることもあり、高額の金利を要求されたり恐喝を受けたりすることがあります。

一方、行政の許可を受けた消費者金融では、奉律内に定められた金利・返済方法を採用しているため、安心してお金を借りることができます。

したがって、消費者金融を利用する予定を立てている方は、対象の消費者金融が正規の消費者金融であることを確認しなければなりません。

この記事では、これから消費者金融を利用しようと考えている方を対象に、安心してお金を借りられる消費者金融の特徴を徹底的に解説していきます。

正規の消費者金融か闇金か調べる方法!

安心してお金を借りるためには、正規の消費者金融か闇金か見極めなければなりません。

近頃の闇金はインターネットサイトを開設していたり、堂々と社名・電話番号を表示していたりするところもあり、素人の方には一目で見極めることは難しいです。

とはいえ正規の消費者金融は、消費者金融協会・日本貸金業協会といった団体に加盟している消費者金融は安心してお金を借りられるキャッシング業者になります。

また、金融庁の公式HPでは、正規の消費者金融として登録を受けているキャッシング業者を調べることができます。

調べ方は「http://clearing.fsa.go.jp/kashikin/index.php」内で、登録番号・所在地・商号・代表者名・電話番号などを入力すれば、正規の消費者金融なら画面内に表示されます。

調べても出てこない消費者金融だった場合は、闇金の可能性が非常に高いため、絶対にお金を借りないようにしましょう。

また、調べて出てきた消費者金融でも違法金利を課している業者の可能性もあり、より確実性を増すために監督官庁に確認することも考えるべきです。

広告に固定電話番号を表示している消費者金融は安心!

広告に固定電話の番号を表示している消費者金融は、安心してお金を借りられる可能性が高いです。

というのも、貸金業法ではキャッシング業者が広告を出す際に、必ず固定電話の番号を掲載しなければならない決まりを定めています。

一方、携帯電話の番号を広告に掲載しているキャッシング業者は、闇金融になります。

自宅のポストに投函されたチラシ、電柱に貼り付けられた広告、メール受信したダイレクトメール、闇金融はこれらの方法で広告を打っていることが多いです。

必ずしも闇金融とは断言できませんが、かなりの確率で闇金融になりますので、まずは広告に固定電話の番号が記載しているか確認してみてはいかがでしょうか。

ブラックOK!自己破産者OK! 危ない消費者金融です!

大半の方は知名度の高い大手消費者金融からお金を借りようと考えるでしょう。

一方、多重債務者の方や自己破産者といった方は、大手消費者金融や銀行でお金を借りることが難しいため、審査の緩いところから借りようと考えるはずです。

中小消費者金融の中には審査が緩くブラックの方にも貸付しているケースは時々ありますが、まず基本的にあり得ないと考えるべきです。

中でも、多重債務者でも大丈夫といった文言をうたっているところは、闇金融の可能性が高いと言えるでしょう。

貸金業法では消費者金融に利用者の年収の1/3以上の融資を禁じているため、多重債務者の方が融資を受けられることは一般的にあり得ないはずです。

一方、闇金融は法律外営業のため、貸金業法の総量規制はまったく関係ありません。

したがって、闇金融は多重債務者でも大丈夫といった文言をうたっているわけです。

常識的に考えて返済能力が高くない人に大金を貸付するはずがありませんので、親切な業者などと思って手を出さないように注意しましょう。

以上のように、一見すれば魅力的に見える文言が並んでいるキャッシング業者は、闇金融の可能性が高いということは覚えておきましょう。

超低金利の消費者金融は危険!

利用者は少しでも金利の低いキャッシング業者で借りることが大事ですが、度を越した低金利は闇金融の可能性を考慮しなければなりません。

大手消費者金融ですら上限金利は18.0%程度で運営しているため、異常に低い上限金利で運営できるはずがないのです。

特に上限金利10%以下を提示している業者は、闇金融の可能性を考えましょう。

期間限定キャンペーンの低金利・広告を見た人のみ専用の低金利、といった言葉で尤もらしい理由を述べますが、まず闇金融と思って問題ありません。

安心してお金を借りられる消費者金融まとめ

以上に解説してきたように、闇金融はあの手この手で近づいてきて、魅力的で親切に感じますが、違法金利や悪質な取り立てに恐喝といった風に関わって得することはありません。

それでは、この記事で紹介した重要なポイントを箇条書きしておきましょう。

以下の条件を満たした消費者金融は安心してお金を借りることができます。

・正規に登録を受けた消費者金融
・広告に固定電話の番号を記載している
・ブラックOK等の魅力的な言葉が並んでいない
・異常に低い金利で運営していない

専業主婦がお金を借りる方法・条件を完全網羅!

専業主婦の方は、働いている兼業主婦とは違って、カードローン・キャッシングの利用はできない、と思い込んでいるケースは少なくないでしょう。

というのも、キャッシング業者の条件に「安定かつ継続した収入を得ている人に限る」と提示しているため、条件を満たしていないと思うわけです。

また、貸金業法の総量規制では年収の1/3以上の借入が禁じられており、専業主婦の方はそもそも年収が0円になりますので、論外とすら言えるでしょう。

以上に挙げたように、専業主婦の方はカードローン・キャッシングの利用は絶対できないように感じますが、実は専業主婦の方でもお金を借りる方法はあります。

ここでは、専業主婦の方がお金を借りるための方法を完全に網羅しています。

専業主婦が消費者金融で借りる方法! 配偶者貸付制度の利用

専業主婦の方は消費者金融でお金を借りることはできない、このように断言しているサイトが多く見受けられますが、誤った情報になります。

というのも、専業主婦の方は貸金業法の総量規制の例外として「配偶者貸付制度」を利用すれば消費者金融でもお金を借りられる、という風に貸金業法に明記しています。

配偶者貸付制度では、配偶者の収入を合算したうえで年収の1/3以内の限度額であれば借入することができます。

ただし、配偶者貸付制度では以下の書類を提出しなければなりません。

・配偶者の同意書
 ※連帯保証人の同意書ではなく、信用情報機関に提供する同意書
・住民票または戸籍抄本
・配偶者の収入証明書類


また、配偶者貸付制度は大手消費者金融では受付しておらず、中小消費者金融が基本になりますので、以下に配偶者貸付制度を利用できる消費者金融の一例を挙げておきます。

・レディースキャッシングエレガンス
・レディースフタバ
・ベルーナノーティス
・ライフティ
・フクホー


中小消費者金融は大手消費者金融のようにテレビCM等をしていないため知名度に欠けますが、行政の許可を受けたまっとうな消費者金融のため、闇金融等ではありません。

配偶者の同意書を提出できる専業主婦の方は、検討してみてはいかがでしょうか。

専業主婦は銀行が頼り! 銀行系カードローンでお金を借りる!

上記項目では、専業主婦の方が消費者金融でお金を借りる方法を紹介しましたが、配偶者の同意書を提出したくないといった方もいらっしゃるでしょう。

また、なるべく知名度の高い貸金業者でお金を借りたい方は、他の方法を知りたいと思っているはずです。

そこで、次に紹介する方法は、専業主婦の方が銀行でお金を借りる方法になります。

銀行のカードローンは、基本的に審査が厳しいと言われ働いている人でも審査落ちすることが少なくないのですが、実は専業主婦の方でも借りられる可能性は充分あります。

また、キャッシングは貸金業法がすべてに思っている方も多いですが、銀行のカードローンは貸金業法ではなく銀行法に則って運用しているため、まったく関係ありません。

銀行法では、年収の1/3以内といった総量規制は設けていないため、収入を得ていない専業主婦の方でも借りることができます。

とはいえ、すべての銀行のカードローンを利用できるわけではありません。

以下に専業主婦の方でも借りられる有名所の銀行カードローンを幾つか紹介しておきます。

・みずほ銀行カードローン「みずほMyWing」
・横浜銀行カードローン
・三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
・ジャパンネット銀行ネットキャッシング
・楽天銀行カードローン
・じぶん銀行カードローン
・イオン銀行カードローン「BIG」
・セブン銀行カードローン
・東京スター銀行
・新生銀行カードローンレイク


銀行のカードローンでは、配偶者貸付制度のように配偶者の同意書または住民票等の提出は法律上義務付けられていませんが、各銀行によって提出を求められることはあります。

特に住民票または戸籍抄本の提出を求める銀行は多いため、事前に確認しておきましょう。

また、専業主婦の方は借入限度額の上限を少額に設定している銀行が多く、基本的に30万円~50万円のところが多いです。

借入限度額上限30万円 借入限度額上限50万円 借入限度額上限記載なし
・三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
・新生銀行カードローンレイク
・じぶん銀行カードローン
・みずほ銀行カードローン「みずほMyWing」
・楽天銀行カードローン
・イオン銀行カードローン「BIG」
・セブン銀行カードローン
・東京スター銀行
・ジャパンネット銀行ネットキャッシング
・横浜銀行カードローン

継続的に利用する内に借入限度額は増額審査(収入証明書の提出必須)を受けることによって引き上げてもらえる可能性はありますが、まずは30万円以内と思っておくべきでしょう。

専業主婦がお金を借りる方法まとめ

以上に解説してきたように専業主婦でもお金を借りることは可能です。

ここではこの記事で紹介した重要なポイントを簡潔にまとめておきますので、専業主婦の方がキャッシングをしたい際は一度確認してみてください。

・配偶者貸付制度の利用で消費者金融でも借りられる
・配偶者貸付制度は配偶者の同意書または住民票等の提出が必要
・銀行のカードローンは法律上専業主婦でも借りられる
・専業主婦利用可の銀行カードローンは、借入限度額上限30万円~50万円が基本