お金を借りる即日融資ガイド110番では

お金を借りる即日融資ガイド110番では、24時間365日、土日祝日でもスマホやPCから申込み可能な「即日融資可能な銀行カードローン」や「消費者金融キャッシング」、その他、急いでお金借りる情報を紹介します。
主婦の方でも学生の方でもアルバイト・パートでも一定の条件を満たせば即日でお金を借りることは可能です。

ここでは、安心してお金を借りることが可能な貸金業者だけを紹介します。
急いで当日中にお金を借りたい方はぜびご覧ください。

今すぐお金借りる!即日融資&お得にお金を借りる方法

「急ぎ」「お得」にお金を借りたい方にオススメなのが「ある特定の消費者金融」です。

理由は・・・
▼最短30分で審査完了
▼お得!30日間無利息サービスあり
▼即日融資に対応
▼24時間365日ネットで申込み可能
▼保証人・担保不要
▼安心の銀行グループ優良企業
だからです。

ただ、上記のサービスは、”一部の消費者金融”しか行っていません。

お金を借りるのにオススメの消費者金融を紹介します。

お金借りるのにオススメの消費者金融

1.プロミス

▼最短1時間融資も可能
▼30日間利息0円
▼郵便物なし・カードなし
▼WEB完結
▼スマホ・PCから24時間365日申込み可
▼簡単3秒診断
▼パート・アルバイト可
▼三井住友銀行と同じSMBCグループ
▼担保・保証人なし ▼実質年率:4.5%~17.8%
▼融資額:1万円~500万円

プロミス「即日融資可能」「他の消費者金融と比べて最高金利が低い」「30日間利息0円」、「WEB完結で郵便物なし」なので内緒で借りたい方にもオススメ。

 

2.アコム

▼30日間金利0円
▼スマホ・PCから24時間365日申込み可
▼3秒診断
▼パート・アルバイト可
▼三菱UFJフィナンシャルグループ
▼担保・保証人なし ▼実質年率:3.0%~18.0%
▼融資額:1万円~800万円

3.レイクALSA

▼2つの無利息サービス:「5万円まで180日間無利息サービス」と「お借入れ全額30日間無利息サービス」
▼最短即日振込
▼郵送物なし
▼カードレス
▼新生銀行グループ
▼実質年率:4.5%~18.0%



即日でお金を借りる方法としては、友人や親などに借金するのが手っ取り早いですが、お金の貸し借りは人間関係を崩壊させてしまう危険性がありますし、親しい方や知り合いにはお金に困っていることを内緒にしたい方も多いと思います。

そのような方は、即日融資対応の消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠、質屋などの利用が選択肢にありますが、担保ナシでかつ無利息サービスがあるのは一部の消費者金融だけです。

お金の借り方 無利息期間 融資スピード 金利 限度額 安心度
大手消費者金融
銀行
クレジットカード × ×
生保 契約者貸付 ×
質屋 × × ×
国・都道府県 × ×

※1.銀行は即日融資が問題になり現在は急いでお金を借りたい方におすすめできません。
※2.クレジットカードは発行に時間がかかりますが、すでに持っているカードにキャッシング枠があれば即日融資でお金を借りられます。
※3.生保契約者貸付は、生命保険に入っていないと利用できません。解約時の返戻金を担保にお金を借りる制度です。
※4.質屋は担保として品物を預けないとお金を借りれません。利息は月利なので非常に高い。
※5.国・都道府県は、日本政策金融公庫や生活福祉資金貸付制度、緊急小口資金貸付などを利用してお金を借りる方法です。


この表でわかるように、無利息サービス利用&即日融資で、安心・信頼できる金融機関でお金を借りたい方は大手消費者金融が適しています。

しかし、即日融資や無利息サービスには色々と条件が合ったり、対応している消費者金融は限られてきます。

また、即日融資対応の消費者金融も、金利や限度額、審査基準、無利息サービス、WEB完結、カードレス、即日振込サービス、などなど、特徴が様々です。

ここでは、あなたの今の状況にピッタリな即日融資対応の金融機関でお金を借りる為の情報を紹介していきたいと思います。

即日でお金を借りる!まずは大手消費者金融の審査通過をチェック

消費者金融にせよ銀行にせよ、即日でお金を借りたい方は、まず審査を通過しなければならないため、少しでも審査に通過する確率が高い貸金業者を選ぶ必要があります。

また、短期間に複数の貸金業者に連続で審査に申し込みした場合、信用情報機関に情報(申込ブラック)が載ってしまいますので、審査に落ちる可能性は高くなってしまいます。

基本的に審査通過率は銀行よりも消費者金融の方が高いため、こだわりがない方は即日融資対応の消費者金融を選ぶべきでしょう。

参考までに即日融資可能な大手消費者金融「アコム」「アイフル」「プロミス」の新規成約率(新規貸付率)を見てみましょう。

貸金業者名 審査通過率
アコム 46.47%(平均)
アイフル 46.53%(平均)
プロミス 46.30%(平均)
※2017年10月、11月、12月の平均です。
アコム マンスリーレポートを参考
SMBCコンシューマーファイナンス 月次データを参考
アイフル 月次データを参考


上記、3社の消費者金融の新規貸付率はほとんど差がありませんね。

SMBCモビットは審査通過率を公表していませんが、上記の大手消費者金融で大差がないので、SMBCモビットもそんなに大差がないと考えても良いのではないでしょうか。

安定した収入があれば、アルバイト・パートでも契約社員でも派遣社員でも、即日融資でお金を借りることはできますが、過去に返済が滞ったり、債務整理している方は、中小の消費者金融からお金を借りることも検討したほうが良いです。

しかし、中小の消費者金融でお金を借りる場合は、違法業者・ヤミ金にひっかからないように注意してください。また即日融資に対応していないところが多いので確認が必要です。

即日融資でお金を借りるには審査の申し込み方法が大事

消費者金融や銀行は店舗窓口・自動契約機・WEB(インターネット)・郵送・FAXなど数多くの審査申し込み方法を用意しております

基本的に即日融資でお金を借りるのは、店舗窓口・自動契約機・WEBで審査に申し込むことになります。

店舗窓口・自動契約機の場合、営業時間内(9時~22時が多い)に審査が完了すれば、その場で専用ローンカードが発行され、隣接する提携ATMで即日で借り入れすることができます。

一方、WEB(インターネット)で即日融資する場合は、審査完了してから店舗窓口・自動契約機にローンカードを取りに行き、隣接するATMでキャッシングするか、指定銀行口座に即日振込してもらう方法になります。

ただ、即日振込、即日ローンカード発行は、一部の消費者金融しか行っていません。

貸金業者名 即日振込 即日カード発行
アコム
レイクALSA
プロミス
アイフル

即日の振込融資では銀行の振込反映時間が関係してくるため、当日中にお金が必要な方は時間帯に注意してください。

ゆうちょ銀行 平日9時~14時で当日振込可能
その他の銀行・信用金庫 平日9時~14時30分で当日振込可能
上記の時間帯までに審査に通過していることが条件になりますので、即日融資でお金を借りたい方は時間帯に気を付けて申し込みましょう。

また、スムーズに審査を行っている貸金業者でも、在籍確認や書類不備等で予想外に審査時間が長引いてしまうケースも珍しくありません。

可能であれば、営業開始時間直後や前日にWEBで審査申し込みを完了しておくことが望ましいです。

ただ、一部の貸金業者では、指定の銀行口座を所有していれば、ほぼ24時間即時振込に対応しています。

例1:アコム(楽天銀行のみ年中0時10分~23時50分は即時振込可能)
例2:プロミス(三井住友銀行またはジャパンネット銀行は年中24時間即時振込可能)

夜でも即日融資対応でお金を借りれる貸金業者はどこ?

仕事の終業時間や用事で昼間は審査に申し込みができないといった方も多いでしょう。ここでは夜でも審査に申し込みができ、当日中にお金を借りられる貸金業者を紹介します。

貸金業者名 申込方法 最終営業時間 審査時間
アコム むじんくん 21時 最短30分
アイフル 契約ルーム 22時 最短30分
プロミス プロミス自動契約機 22時※一部21時 最短30分
レイクALSA(アルサ) 自動契約機 - 最短即時

すべて自動契約機を利用した審査申し込み方法で、専用ローンカードをその場で発行して、隣接したATMで即日融資してもらうケースです。

最終営業時間ぎりぎりで審査に申し込みした場合、専用ローンカードの発行まで到達できず即日融資でお金を借りれない可能性もあります。

<おすすめの自動契約機借入方法>
自動契約機に行く前に「自宅でインターネットで審査に申込み、審査に通過してから自動契約機でカードを発行する」方法が急いでお金を借りる為のコツです。

審査は申込み順なので、早めに申し込んだ方が審査完了までの時間は短くなりますし、自動契約機で審査中待つ必要もありません。また必要書類など忘れてしまう可能性もないので、特に近くに自動契約機がない方は「インターネット申し込み+自動契約機」でお金を借りましょう。

即日融資でお得にお金を借りる方法「まとめ」

・即日融資対応の消費者金融でお金を借りる
・無利息サービスがある消費者金融を選ぶ
・審査通過率の高い貸金業者でお金を借りる
・即日融資可能な審査申し込み方法(ネット・自動契約機)で申し込む
・夜は自動契約機で即日融資可能の貸金業者で借りる
・特定の銀行口座があれば24時間即日振込が可能な消費者金融もある

アルバイトやパートタイマーでも大丈夫!お金を借りる方法は難しくない!

消費者金融・銀行のカードローンやキャッシングを利用するためには、審査に通過しなければなりません。

消費者金融や銀行のカードローン審査では公務員・会社員・契約社員・派遣社員・アルバイト・パートタイマー等の中から自身の雇用形態を記入する欄があります。

中でも公務員・会社員といった雇用形態の人は、安定した雇用形態と判断されるため、キャッシング業者の審査評価は高くなります。

一方、アルバイト・パートタイマーの人は、公務員・会社員に比べれば不安定な雇用形態ですから、キャッシング業者の審査評価は低くなってしまいます。

また、一部のキャッシング業者では、即日融資はおろか、アルバイト・パートタイマーの人は審査すら受けられないところもあるくらいです。(大手消費者金融は大丈夫です)

ここでは、アルバイト・パートタイマーの人でもお金を借りる方法を徹底的に解説していきます。

アルバイト・パートタイマーが審査に通過するための勤続年数・収入の目安

アルバイト・パートタイマーの人がカードローンの審査に通過するためには、勤続年数・収入のボーダーラインを知っておくべきです。

具体的に勤続年数は1年以上の実績があれば問題ないと言われており、最低でも勤続6か月を越えていなければ審査に通ることは厳しくなります。

また、年収は多いほど評価は高くなりますが、なにより大事なことは安定かつ継続した収入を得ていることです。

アルバイト・パートタイマーでも安定かつ継続した収入であれば問題ないですが、短期間のアルバイト等の場合、審査通過は非常に厳しくなります。

大手消費者金融では借入限度額50万円までは収入証明書類の提出義務がないので「嘘の年収を記載しても大丈夫なんじゃない?」と言う方が時々いますが、年収だけでなく他の項目も絶対に嘘は記入しないでください。

元よりアルバイト・パートタイマーの人が高収入とはキャッシング業者も思っていないため、正直に年収は記入して大丈夫です。

ただ、消費者金融は貸金業法の総量規制の制限を受けるため、年収の1/3以上の借入は法律上できなくなっていますので、その点は注意しておきましょう。

アルバイト・パートは消費者金融・銀行どっちでお金を借りる?

消費者金融と銀行では審査基準が違います。消費者金融はアルバイト・パートタイマーの人でも問題なく審査に申し込みできます。
※銀行カードローンはアルバイト・パートタイマー不可の所も多いです。

また、消費者金融の中でも大手消費者金融よりも中小消費者金融の方が審査に通りやすくなります。

とはいえ、利便性や無利息期間サービスの有無等を考慮すれば、大手消費者金融にメリットを感じる人が多いでしょうし、過去に金融事故を起こしていない人であれば大手消費者金融でもお金を借りれる可能性は高いです。

以下の大手消費者金融は、安定・継続した収入があれば、アルバイトでもパートでも審査に申込みができると各公式サイトに記載されています。

貸金業者名 アルバイト パート
アコム 借入可 借入可
レイクALSA 借入可 借入可
SMBCモビット 借入可 借入可
プロミス 借入可 借入可
アイフル 借入可 借入可

ただ、消費者金融よりも銀行の方が安心感がある、消費者金融はイメージが良くないという理由で、銀行カードローンでお金を借りることを希望する方もいると思います。

銀行でもアルバイト・パートOKでお金を借りることができるカードローンを用意している所があります。

・三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
・三井住友銀行カードローン
・みずほ銀行カードローン
・楽天銀行スーパーローン
・じぶん銀行カードローン
・ジャパンネット銀行ネットキャッシング
・セブン銀行カードローン
・ソニー銀行カードローン


上記銀行の中でも、「三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」」「楽天銀行スーパーローン」は、アルバイト・パートタイマーの人でも審査に通ったという口コミが多くありますので、前向きに検討するべき銀行と言えます。

アルバイト・パートタイマーの人がお金を借りる方法!まとめ

以上に解説してきました通り、アルバイト・パートタイマーの人でもキャッシング業者でお金を借りることは充分可能です。

・安定かつ継続した収入を得ている必要あり
・消費者金融は銀行よりもアルバイト・パートタイマーを歓迎している
・大手消費者金融よりも中小消費者金融の方が審査は甘いが利便性・安全性の考慮が必要
・大手銀行を中心にアルバイト・パートタイマーでも即日融資が可能なカードローンあり

お金を借りるなら消費者金融・銀行どっちのカードローン?違いは?

即日でお金を借りたくなったら親や兄弟に借りれれば利息も付かないので1番良い方法ですが、金銭トラブルを避けたい方や、頼る人がいない方は、消費者金融や銀行のカードローンでお金を借りることを検討する方が多いと思います。

銀行も消費者金融のカードローンも使途自由ですが、金利など借り入れ条件が違いますし、知らなければ損をしてしまうこともあります。

ここでは、消費者金融と銀行のどちらでお金を借りた方が良いのか?迷っている方に特徴を詳しく解説していきます。

大金を借りたい方は銀行カードローン

借りたい金額が大きい方は、消費者金融よりも銀行のカードローンを選ぶべきです。

というのも、消費者金融は貸金業法の総量規制で年収の1/3以上の融資を禁じているため、大金を借りることは厳しくなります。

一方、銀行は銀行法に則って運営しているため、貸金業法の総量規制のような融資制限を受けることはありません。

※念のため大手消費者金融の限度額を記載します。

消費者金融名 上限限度額
アコム 800万円
レイクALSA 500万円
SMBCモビット 800万円
プロミス 500万円
アイフル 800万円

消費者金融でも十分の限度額ですね。

銀行は法律上、年収の3分の1以上のお金を借りることができますが、多重債務者を多数増やしてしまった為、近年は積極的に貸し付けは行っておらず、審査がより厳しくなった傾向があります。

即日融資でお金を借りたい方は消費者金融

少しでも早くお金を借りたい方や絶対に即日融資でお金を借りたい方は、大手の消費者金融がおすすめです。

近年は、消費者金融・銀行どちらもインターネットを介した契約方法(WEB契約)が主流のため、即日融資に対応しているところも増えてきました。

ただし、WEB契約では振込融資が基本になりますので、銀行の振込時間の関係で翌営業日振込になってしまう可能性があります。

一方、消費者金融では大手消費者金融を中心に自動契約機を全国的に設置しています。

自動契約機は夜22時まで営業しているところもありますし、その場で専用ローンカードを発行してくれるため、最寄りのATMですぐに借入できます。

他にも、大手消費者金融はすべて最短即日融資に対応していますが、銀行はそもそも即日融資に対応していないカードローンも多いため、融資速度は消費者金融にメリットがあるでしょう。

銀行と消費者金融 カードローンの金利はどっちが低い?

お金は借りるならできるだけ低金利が良いですよね。消費者金融と銀行のカードローンを比較すると、低金利なのは「銀行」です。

大手消費者金融は上限金利をほぼ18.0%に均一化している一方、銀行の上限金利は14%程度になります。

※銀行も消費者金融も初回の借入はほぼ上限金利が適用されるので、下限金利は参考にしない方が良いです。

具体的に、大手消費者金融のアコム・アイフル・SMBCモビットは上限金利18.0%、プロミスのみ上限金利17.8%です。

消費者金融名 実質年率 無利息期間
アコム 3.0%~18% 30日間
レイクALSA 4.5%~18% 30日or180日
SMBCモビット 3.0%~18% なし
プロミス 4.5%~17.8% 30日間
アイフル 3.0%~18% 30日間

一方、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の上限金利は14.6%、三井住友銀行カードローンの上限金利は14.5%、といった具合に銀行系カードローンは基本的に低金利です。

銀行名 実質年率 無利息期間
三菱UFJ銀行 バンクイック 1.8%~14.6% なし
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% なし
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0% なし
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5% なし
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8% なし

大手消費者金融の30日間無利息サービスでお金を借りる

ただし、アコムプロミスアイフルなど大手消費者金融の大半は無利息期間サービスを提供しています。

無利息期間サービスは「初めて消費者金融を利用する方を対象に30日間無利息でお金を借りることができます」というものです。

レイクALSAは30日間無利息サービスの他、5万円まで180日間無利息サービスの2つの無利息サービスを利用してお金を借りることができます。

無利息期間内に完済すれば利息を払わずに済みますし、短期間で完済予定を立てている方は、銀行よりも返済金額を減らすことができます。

※無利息サービス期間中に完済できなくても、その期間中は利息が発生しないのでお得にお金を借りることができます。

※借入期間が長期になる場合は、低金利の銀行カードローンの方がお得にお金を借りることができます。具体的な借入金額と完済予定などが決まっていれば、各消費者金融や銀行が提供している返済シミュレーションを利用してみましょう。

※アコム、アイフル、レイクALSAの無利息期間は契約日からはじまるのに対し、プロミスは初回借入日からはじまります。契約してから借入まで日数がある場合は、プロミスの無利息サービスを利用してお金を借りるようにしましょう。

金利0円サービスについて詳しくは「金利0円(無利息)でお金を借りるには?」をご覧ください。

消費者金融・銀行のどちらのカードローンも無担保・保証人なしでお金を借りることができる

消費者金融のカードローンも、銀行のカードローンも担保なし・保証人なしでお金を借りることができます。申込者本人の返済能力や過去の信用情報などを総合的に審査してお金を貸すサービスがカードローンです。

その為、自動車や自宅、土地などを担保にお金を借りるよりも、無担保のカードローンは利息が高くなっている場合はほとんどです。

しかし、誰にも迷惑をかけることなく、誰にも知られることなく内緒でお金を借りることができますし、即日融資サービスなど急いでお金を借りたい方にも対応しているので、たくさんの方が担保なし・保証人なしで利用できる銀行や消費者金融のカードローンでお金を借りています。

カードレス・郵送物なしのWEB完結でお金を借りれるのは消費者金融

大手消費者金融のプロミスレイクALSAアイフルSMBCモビットでは、ローンカード発行なし(カードレス)で、契約書や明細書などの郵送物もなし、WEBですべて完結するカードローン「WEB完結申込み」を提供しています。

なぜ、この「WEB完結申込み」が人気があるのかというと、多くの方が家族や周りの人にカードローンでお金を借りるのを秘密にしたいと考えているからです。

ローンカードがあると、財布の中身を見られたときにカードローンの利用がバレてしまいますし、自宅に届く消費者金融からの郵送物の中身を勝手に見られたら、やはりカードローンの利用がバレてしまいます。

このような心配がないのが「WEB完結申込み」なのです。

さらに、SMBCモビットの「WEB完結申込み」のみ実施しているのが「電話連絡なし」のサービスです。

通常カードローンの審査に申し込むと勤め先への在籍確認の電話がつきものです。これで職場の同僚にカードローンの利用がバレてしまう可能性もあるのです。

SMBCモビットの「WEB完結申込み」はゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行のどれかの口座を保有し、社会保険証を持っている方が申し込めます。ちなみにプロミスやアイフル、レイクALSAの「WEB完結申込み」にはこのような条件がありません。

※アコムは「WEB完結申込み」サービスはなく、送付元を「ACサービスセンター」と記載するなど、プライバシーをしっかり考えてくれていますが、この点は少し心配ですよね。

その他、内緒でお金を借りたい方は、申込み方法など気をつけなくてはならない点があります。詳しくは「家族に内緒でお金を借りれるカードローンは?」をご覧ください。

ATM利用手数料は消費者金融・銀行どっちがお得?

消費者金融・銀行でお金を借りる際に、専用ローンカードを使ってATMから借入・返済をするケースも多いです。

借入先のキャッシング業者専用のATMを利用すれば、基本的にATM利用手数料は発生しませんが、コンビニ等のATMを利用すればATM利用手数料が発生してしまうことがあります。

ATM利用手数料は1万円以下108円、1万円超216円のATM利用手数料が発生してしまいますので、何度も借入・返済を繰り返す予定の方はかなりの金額になります。

大手消費者金融では、コンビニATM利用手数料無料のところはありません。
※プロミスは三井住友銀行のATM利用手数料は無料ですが、コンビニATMは対象外。

一方、銀行はコンビニATM利用手数料無料のところが何社かありますので、有名所の銀行を紹介しておきます。

・オリックス銀行カードローン
・三井住友銀行カードローン
・三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」


以上の銀行系カードローンは、コンビニATM利用手数料無料のため、コンビニATMの利用を考えている方は、検討してみてはいかがでしょうか。

銀行カードローンの審査は甘くない

銀行カードローンは消費者金融に比べて借入限度額も高いし、低金利でお金を借りれますし、消費者金融に良いイメージを持たない方は、無利息サービスがないとはいえ銀行カードローンでお金を借りることを検討している方も多いと思います。

しかし、銀行カードローンは消費者金融に比べて審査が厳しい傾向があります。アルバイトやパートだからと言って審査に落ちることはありませんが、他社の借入件数や借入金額などが多かったり、信用情報機関に記録されているあなたの信用情報によっては審査に落ちてしまうことは考えられます。

審査に不安を感じる方は、銀行カードローン以外でお金を借りる方法を探してみるのも良いかもしれません。

その他、消費者金融と銀行カードローンには、借入限度額などに影響する「総量規制」などの違いもあります。消費者金融と銀行のどちらでお金を借りるか?迷っている方は「消費者金融と銀行カードローンの違いは?どっちでお金借りる?」をご覧ください。

お金を借りるなら銀行か消費者金融どっち?まとめ

以上に解説してきましたように、必ずしも消費者金融が優れているわけでも銀行が優れているわけでもありません。

利用者自身が最もメリットを感じるカードローンを選ぶことが大事です。

・大金を借りたい方は銀行のカードローン
・即日融資でお金を借りたい方は消費者金融のカードローン
・低金利は銀行のカードローン、無利息期間サービスは消費者金融
・WEB完結申込みでお金を借りたい方は消費者金融カードローン
・コンビニATM利用手数料無料は銀行のカードローン
・銀行カードローンの審査は甘くない

中小消費者金融は審査が甘い?ブラックでもお金借りれる?

上でもお話ししましたが、銀行カードローンは審査が厳しいです。銀行カードローンの審査に落ちた人が、アコムやアイフル、プロミスなど大手の消費者金融のカードローンに申し込んでお金を借りることができた例はありますが、大手の消費者金融も決して審査が甘いわけではありません。

過去に延滞していたり、自己破産、任意整理など債務整理を行った方、多重債務者、つまり金融ブラックの方は、一定期間お金を借りることは難しいでしょう。

しかし、大手消費者金融ではなく、街の小さな消費者金融(街金)や中堅の消費者金融の場合は、ブラックでもお金を借りれるのでしょうか?審査は甘いのでしょうか?

実は、中小の消費者金融は、大手消費者金融に比べて審査が甘い傾向にあり、金融ブラックの人でもお金を借りれたという口コミは多数見かけます。

中堅で有名な消費者金融は以下が有名?どころです。

ライフティ
・アロー
・セントラル
・アルコシステム
・SGファイナンス
・フタバ
・キャネット
・AZ
・ライオンズリース
・フクホー
・スカイオフィス

中には、大手と同じく24時間WEB申込みや無利息サービス、即日融資など、大手消費者金融と同じような条件でお金を借りれる中堅消費者金融もありますね。

また、フタバは1963年創業の歴史ある消費者金融で、セントラルは東京都内に4件、神奈川県に1件の無人店舗を設置しており、セブンイレブンなど全国のセブン銀行ATMでお金を借りることができます。

このように有名な消費者金融でなくても、しっかりと運営している中小の消費者金融はたくさんあります。

ただ金利は大手消費者金融が18%のこころ、中堅の消費者金融は20.0%のところが多い傾向があります。

過去に延滞している方や、債務整理をした方、多重債務者、金融ブラックの方など、銀行や大手消費者金融のカードローン審査に通過できない方は、中小の消費者金融からお金を借りてみてはいかがでしょうか?

※しかし、すべての中小消費者金融が審査が甘いわけではないので誤解のないようにお願い致します。
※ご自身が金融ブラックなのか?知りたい方はCICやJICCなどの信用情報機関で調べることが可能です。
※聞いたことがない消費者金融、街金からお金を借りようとしている方は、闇金・違法業者の可能性もありますので十分ご注意ください。闇金の見分け方は以下に記載しています。

安心してお金を借りられる消費者金融の特徴

定期貯金を取り崩したり身内にお金を借りたりできれば安心ですが、消費者金融からお金を借りる場合は「本当に安心して借りられるのだろうか」と不安を抱く人も多いです。

中には、闇金と呼ばれる違法消費者金融が営業していることもあり、高額の金利を要求されたり恐喝、強引な取り立てを受けることがあります。

もちろん、行政の許可を受けた消費者金融では、法律で定められた金利・返済方法を採用しているため、安心してお金を借りることができます。

つまり、消費者金融でお金を借りる予定の方は、認可がされている正規の消費者金融であることを確認しなければなりません。

ここでは、安心してお金を借りられる消費者金融の特徴を解説していきます。

正規の消費者金融か闇金か調べる方法

安心してお金を借りるためには、正規の消費者金融か闇金か見極めなければなりません。

近頃の闇金はインターネットサイトを開設していたり、堂々と社名・電話番号を表示していたりするところもあり、素人の方には見極めることは難しいです。

安心してお金を借りれる消費者金融か?闇金か?を判断する1つの方法として1番おすすめなのが金融庁の公式HPで登録貸金業者を調べる方法です、

金融庁の公式HPでは、正規の消費者金融として登録を受けている貸金業者を調べることができます。

調べ方は「http://clearing.fsa.go.jp/kashikin/index.php」内で、登録番号・所在地・商号・代表者名・電話番号などを入力すれば、正規の消費者金融なら画面内に表示されます。

調べても出てこない消費者金融だった場合は、闇金の可能性が非常に高いため、絶対にお金を借りないようにしましょう。

また、調べて出てきた消費者金融でも違法金利を課している悪徳業者の可能性もあり、より確実性を増すために監督官庁に確認することも考えるべきです。

広告に固定電話番号を表示している消費者金融は安心!

広告に固定電話の番号を表示している消費者金融は、安心してお金を借りられる可能性が高いです。

というのも、貸金業法ではキャッシング業者が広告を出す際に、必ず固定電話の番号を掲載しなければならない決まりを定めています。

一方、携帯電話の番号を広告に掲載しているキャッシング業者は、闇金融になります。

自宅のポストに投函されたチラシ、電柱に貼り付けられた広告、メール受信したダイレクトメール、闇金融はこれらの方法で広告を打っていることが多いです。

必ずしも闇金融とは断言できませんが、かなりの確率で闇金融になりますので、まずは広告に固定電話の番号が記載しているか確認してみてはいかがでしょうか。

ブラックOK!自己破産者OK!は危ない消費者金融です

大半の方は知名度の高い大手消費者金融からお金を借りようと考えるでしょう。

一方、多重債務者の方や自己破産者など債務整理した方は、大手消費者金融や銀行でお金を借りることが難しいため、審査の緩いところからお金を借りようと考えるはずです。

中小消費者金融の中には審査が緩くブラックの方にもお金を貸し付けているケースは時々ありますが、基本的にお金を借りれないと考えるべきです。

中でも「多重債務者でも即日で貸します」といった文言をうたっている貸金業者は、闇金融の可能性が高いと言えるでしょう。

貸金業法では消費者金融に利用者の年収の1/3以上の融資を禁じているため、多重債務者の方が融資を受けられることは一般的にあり得ないはずです。

一方、闇金融は法律外営業のため、貸金業法の総量規制はまったく関係ありません。

常識的に考えて返済能力が低い人にお金を貸してくれるはずがありませんので、親切な業者と思ってお金を借りないように注意しましょう。

超低金利の消費者金融は危険!

利用者は少しでも金利の低い貸金業者からお金を借りることが大事ですが、度を越した低金利は闇金融の可能性を疑わなければなりません。

大手消費者金融ですら上限金利は18.0%程度で運営しているため、異常に低い上限金利で運営できるはずがないのです。

特に上限金利10%以下を提示している業者は、闇金融の可能性を考えましょう。

期間限定キャンペーンの低金利・広告を見た人のみ専用の低金利、といった言葉でもっともらしい理由を述べますが、まず闇金融と思って問題ありません。

安心してお金を借りられる消費者金融まとめ

闇金融はあの手この手で近づいてきて、一瞬、魅力的で親切に感じますが、違法金利や悪質な取り立てに恐喝など、やりたい放題なので絶対にお金を借りてはいけません。

有名な消費者金融以外でお金を借りる場合は、必ず以下をチェックしてください。

・登録を受けた消費者金融なのか?
・広告に固定電話の番号を記載しているか?
・ブラックOK等の魅力的な言葉が並んでいないか?
・異常に低い金利でお金を貸していないか?

専業主婦がお金を借りる方法・条件

専業主婦の方は、パートで働いている兼業主婦とは違って、カードローン・キャッシングの利用はできない、と思い込んでいる方も多いです。

消費者金融や銀行の借入条件に「安定かつ継続した収入を得ている人に限る」と提示しているため、条件を満たしていないと思うわけです。

また、貸金業法の総量規制では年収の1/3以上の借入が禁じられており、専業主婦の方はそもそも年収が0円になりますので、論外とすら言えるでしょう。

しかし、実は専業主婦の方でもお金を借りる方法はありますので解説したいと思います。

専業主婦が消費者金融で借りる方法!配偶者貸付制度の利用

専業主婦の方は消費者金融でお金を借りることはできない、このように断言しているサイトが多く見受けられますが、誤った情報です。

というのも、専業主婦の方は貸金業法の総量規制の例外として「配偶者貸付制度」を利用すれば消費者金融でもお金を借りられる、という風に貸金業法に明記しています。

配偶者貸付制度では、配偶者の収入を合算したうえで年収の1/3以内の限度額であれば借入することができます。

ただし、配偶者貸付制度では以下の書類を提出しなければなりません。

・配偶者の同意書
 ※連帯保証人の同意書ではなく、信用情報機関に提供する同意書
・住民票または戸籍抄本
・配偶者の収入証明書類


また、配偶者貸付制度は大手消費者金融では受付しておらず、中小消費者金融が基本になりますので、以下に配偶者貸付制度を利用できる消費者金融の一例を挙げておきます。

・レディースキャッシングエレガンス
・レディースフタバ
・ベルーナノーティス
・ライフティ
・フクホー


中小消費者金融は大手消費者金融のようにテレビCM等をしていないため知名度に欠けますが、行政の許可を受けたまっとうな消費者金融のため、闇金融等ではありません。

配偶者の同意書を提出できる専業主婦の方は、検討してみてはいかがでしょうか。

<参考サイト>
お金を借りる方、借りている方へ:金融庁

銀行カードローンは専業主婦でもお金を借りる!

上記項目では、専業主婦の方が消費者金融でお金を借りる方法を紹介しましたが、なるべく知名度の高い銀行でお金を借りたい方もいるはずです。

そこで、次に紹介する方法は、専業主婦の方が銀行でお金を借りる方法になります。

銀行のカードローンは、基本的に審査が厳しいと言われ働いている人でも審査落ちすることが少なくないのですが、実は収入がゼロの専業主婦の方でもお金を借りられ方法があります。

また、借り入れは貸金業法がすべてだと思っている方も多いですが、銀行のカードローンは貸金業法ではなく銀行法に則って運用しているため、まったく関係ありません。

銀行法では、年収の1/3以内といった総量規制は設けていないため、収入を得ていない専業主婦の方でも借りることができます。(※もちろん配偶者に安定した収入がある必要があります)

とはいえ、すべての銀行のカードローンを利用できるわけではありません。

以下に専業主婦の方でも借りられる有名所の銀行カードローンを幾つか紹介しておきます。

・みずほ銀行カードローン「みずほMyWing」
・横浜銀行カードローン
・三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
・ジャパンネット銀行ネットキャッシング
・楽天銀行カードローン
・じぶん銀行カードローン
・イオン銀行カードローン「BIG」
・セブン銀行カードローン
・東京スター銀行


銀行のカードローンでは、配偶者貸付制度のように配偶者の同意書または住民票等の提出は法律上義務付けられていませんが、各銀行によって提出を求められることはあります。

特に住民票または戸籍抄本の提出を求める銀行は多いため、事前に確認しておきましょう。

また、専業主婦の方は借入限度額の上限を少額に設定している銀行が多く、基本的に30万円~50万円のところが多いです。

借入限度額上限30万円 借入限度額上限50万円 借入限度額上限記載なし
・三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
・じぶん銀行カードローン
・みずほ銀行カードローン「みずほMyWing」
・楽天銀行カードローン
・イオン銀行カードローン「BIG」
・セブン銀行カードローン
・東京スター銀行
・ジャパンネット銀行ネットキャッシング
・横浜銀行カードローン

継続的に利用するうちに借入限度額は増額審査(収入証明書の提出必須)を受けることによって引き上げてもらえる可能性はありますが、まずは30万円以内と思っておくべきでしょう。

専業主婦がお金を借りる方法まとめ

以上に解説してきたように専業主婦でもお金を借りることは可能です。

・配偶者貸付制度の利用で消費者金融でも借りられる
・配偶者貸付制度は配偶者の同意書または住民票等の提出が必要
・銀行のカードローンは法律上専業主婦でも借りられる
・専業主婦利用可の銀行カードローンは、借入限度額上限30万円~50万円が基本

カードローン以外でお金を借りる方法

国・役所でお金を借りる

消費者金融などのカードローンと違って、即日でお金を借りることはできませんが、国や市役所・区役所の場合、金融機関に比べて低金利でお金を借りることができます。

日本政策金融公庫でお金を借りる

▼国の教育ローン

日本政策金融公庫は国の教育ローン(教育一般貸付)という形でお金の貸し付けを行っています。資金使途は子供の入学費用、授業料、教科書代、海外留学費用、資格取得にかかる費用などです。

金利は固定金利で1.76%、最長15年の返済期間があるので、消費者金融や銀行に比べものにならないくらい低金利なので、負担が少ないです。

子供が3人以上いることや、世帯年収が200万円以下の家庭など条件がありますが、教育資金としてお金を借りたいと考えている方は、日本政策金融公庫からお金を借りてみてはいかがでしょうか?

▼事業者向けのローン

また、日本政策金融公庫では事業を営む方向けの融資も行っています。「普通貸付」をはじめ「新規開業資金」「再挑戦支援資金」「IT資金」「企業再建資金」「ソーシャルビジネス支援資金」「中小企業経営力強化資金」などなどたくさんあり、担保が必要な融資、担保が不要な融資など種類が様々です。限度額も数千万円単位なので、大きなお金を借りたい個人事業主、会社経営者に向いたローンです。

日本政策金融公庫の場合、用意しなくてはならない書類がたくさんあったり、即日融資に対応していなかったりデメリットもありますが、金利が低く、返済期間も長く設定されていますので、時間的に余裕がある方はここでお金を借りてみてはいかがでしょうか?

生活福祉資金でお金を借りる

日本政策金融公庫は、子供を持つ家庭の教育ローン、そして事業者向けの融資でしたが、生活福祉資金貸付制度は、都道府県社会福祉協議会が主体になって、低所所得者世帯、障害者世帯、高齢者世帯で、他の金融機関でお金を借りれない方を対象にお金を貸してくれる制度です。

資金使途は、「生活支援費」「住宅入居費」「福祉費」「緊急小口資金」「教育支援費」「就学支度費」「不動産担保型生活資金」「要保護世帯向け不動産担保型生活資金」があり、借入限度額や利息が異なり、中には無利息でお金を借りれるケースもあります。

担保を提供するケース、連帯保証人を立てるケースもありますが、消費者金融や銀行に比べてかなり金利は低いので、検討してみてはいかがでしょうか?

生活福祉資金でお金を借りたい方は各都道府県社会福祉協議会からお願いします。

その他、詳しくは「国からお金を借りる様々な方法」をご覧ください。

定期預金担保貸付でお金を借りる

定期預金担保貸付とは、定期預金に預けているお金を担保にお金を借りる仕組みです。

自動融資(口座貸越)タイプの場合は、通帳の残高がマイナスになることにより借入状態になります。定期預金を解約することなく、審査もなく、銀行のキャッシュカードでお金をおろす感覚でお金を借りることができるので、銀行のATMが使える時間帯ならその場で、即日でお金を借りることができます。

ただ、借り入れが手軽すぎるので借り過ぎには十分に注意が必要です。

金利は1%以下~1%台の銀行が多く、カードローンに比べて格段に金利は安くお金を借りることができます。

定期預金担保貸付の借入限度額は、定期預金に預けているお金の90%までです。ただ、借入金額に上限を設けている銀行も多くあるので、単純に3,000万円預けていれば2,700万円借りることができるわけではありません。ほとんどの銀行で限度額は200万円~500万円に設定されています。

また、返済方法は通帳にお金を入金するだけです。通帳のマイナス残高が、プラスになれば返済が完了する仕組みです。

返済期限は定期預金の満期日で、それまでに返済しなかった場合は、定期預金から差し引かれる形になります。

定期預金担保貸付を利用できる条件は、銀行によって違いますが、「総合口座通帳を保有している」ことは必須で、その他に年齢を設定している銀行もあります。

現在、単独で銀行の定期預金を利用している方は、定期預金担保貸付に申し込んでみてはいかがでしょうか?総合口座を利用している方は、基本的に定期預金担保貸付をすでに利用できる状態になっていますので、いつでもお金を借りることが可能です。

※三菱UFJ銀行や三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行では、定期預金担保貸付の金利は「定期預金金利+0.5%」で決定されます。つまり定期預金でもらえる利息よりも、定期預金担保貸付でお金を借りて払う利息の方が高いので、場合によっては定期預金を解約したほうが良いかもしれません。

クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる

クレジットカードには、通常の買い物で使えるショッピング枠と、お金を借りることができるキャッシング枠があります。クレジットカードを申し込んだ時にキャッシング枠を0円にしていなければ、お持ちのクレジットカードでお金を借りることができる可能性が高いです。しかも提携ATMで即日融資も可能です。

クレジットカードをお持ちの方は調べてみてはいかがでしょうか?

もし、キャッシング枠が0円の設定になっていても、コールセンターに電話してキャッシング枠を用意してもらうことも可能です(審査があります)。

ただ、注意していただきたいのですが、クレジットカードを目いっぱい利用している状態ではキャッシングできないので覚えておいてください。クレジットカードの枠はショッピング枠とキャッシング枠が別々ではなく、合算した金額になります。

たとえば、

・クレジットカードの枠が50万円
・キャッシング枠が10万円


の場合、ショッピングで45万円利用したら、キャッシングは5万円しかできません。

クレジットカードでお金を借りる場合の利息は、高めに設定されており、消費者金融のカードローン並みに高いです。お金の借り過ぎには注意が必要です。

また、借入限度額は、カードのグレードによって違っており、一般カードに比べてゴールドカード、プラチナカードの方が高く設定されています。

ただ、カードの利用実績が優良であれば、ショッピング枠と同様にキャッシング枠も増額することが可能ですので、コールセンターに問い合わせてみてください。

※増額する場合、金額によっては収入証明書(源泉徴収票や給与明細、確定申告書、納税通知書など)が必要になるケースがあります。

しかし、消費者金融と同様に信販会社も貸金業者の為、総量規制で年収の3分の1以上の借り入れはできません。

返済方法については、例えばJCBの場合、キャッシング1回払いとキャッシングリボ払いを選択できるようになっています。リボ払いは利用残高に応じて毎月一定の金額を返済する方法です。

参考:カードローンとキャッシングの違いはなんですか?

キャッシングリボ払いで返済すると毎月少額の返済になるので、毎月の負担は減りますが、リボルビング場合は最終的に支払う金額が大きくなりますので、余裕がある方はキャッシング1回払いを選択すると良いでしょう。

詳しくは「クレジットカードでお金を借りる方法」をご覧ください。

生命保険の契約者貸付でお金を借りる

生命保険の契約者貸付とは、生命保険の解約返戻金を担保に保険会社からお金を借りることができる制度です。

ですので、養老保険や個人年金保険、終身保険、学資保険など解約返戻金があるタイプの生命保険で契約者貸付は利用することができ、掛け捨てタイプの生命保険ではお金を借りることはできません。

借入限度額は、定期預金担保貸付と同じく、生命保険の解約返戻金の額によって変動し、返戻金の70%~90%に設定されていることが多いです。

金利については、3%~5%程度なので、消費者金融カードローンや銀行カードローンに比べて低く設定されています。ただ金利の計算方法が単利ではなく複利なので注意が必要です。

例えば年利3%で100万円を借りた場合、1年目の利息は3万円ですが、2年目は103万円の3%の30,900円、3年目は1,060,900円の3%と、単利とは違い、雪だるま式に借金が増えていくので、早めに返済しないと大変なことになります。

生命保険の契約者貸付の申込み方法や、保険会社によって違いますが、店頭による申込み方法の他、コールセンター、WEBサイトなどから申請することができ、借入方法は振り込みもしくはカードを利用してATMで現金を引き出します。

必要書類を書く必要があるので、消費者金融カードローンのように即日でお金を借りることはまずできません。(日本生命、第一生命など一部の生命保険会社では即日融資も可能です)

ただ、もし加入時に生命保険契約者貸付の専用カードが発行されていれば、近くの提携ATMで即日キャッシングすることも可能です。

<生命保険の契約者貸付のメリット>
・保険を解約しないでお金を借りることができる
・カードローンのように審査がない
・金利がカードローンに比べて低い
・返済期限が保険の満期日までと長い

<生命保険の契約者貸付のデメリット>
・借金が解約返戻金を超えると保険が失効・解除されるかも
・利息の計算方法が複利
・生存給付金やお祝い金が返済に充てられることも
・契約して間もない場合は利用できないことも

詳しくは「生命保険の契約者貸付制度でお金を借りる」をご覧ください。

勤務先にお金を借りる

給料の前借り

給料の前借りができたらカードローンでお金を借りる必要がないのに・・・。と思っている方いませんか?

実は給料の前借りは労働基準法で認められている制度ということをご存知でしたか?

厚生労働省のホームページもしっかり記載されています。

Q 従業員が給料を前借りしたいと申し出てきました。前借りの前例がないので、どのようにすればいいか教えてください。

A 労働基準法第25条には非常時(出産、結婚、病気、災害等)について、給料日前でも給料を払うように定めています。 しかし、この条文で定めているのは、既に行った労働に対して給料日前でも支払うように定めているのであって、これから行う予定の労働に対して給料を払うように求めているものではありません。従って、前借りに応じる義務はありません。

引用:厚生労働省「賃金関係」

勘違いしてほしくないのですが、給料の前借りは借金ではありません。これから働く分(働く予定)の給料分のお金を借りるのとは違い、すでに働いた分の給料を早めに貰うわけなので借金と給料の前借りは異なります。

ただ、資金使途がギャンブルだったり、趣味であったり、そのような場合は会社は給料の前借りをする義務はありませんが、厚生労働省のページにも書いてあるように、出産や病気、災害なので緊急にお金が必要になった場合は、会社は給料の前借りを行う義務があるのです。

もちろん給料の前借りなので利息などは発生することなくお金を用意することができます。

また、給料の前借り制度は正社員だけでなく、アルバイトやパート、派遣社員の方でも適用されるので覚えておきましょう。

もし、労働基準法が定める緊急時に該当する場合は、利息が高い消費者金融や銀行カードローンでお金を借りるのではなく、給料の前借りでお金を用意することをオススメします。

まずは、勤務先の社長さんや、直属の上司、経理担当の方に給料の前借りを相談しましょう。前借り申請書を記入して提出すれば、うまくいけば即日でお金を用意することができるでしょう。

社員貸付制度(従業員貸付制度)でお金借りる

上記で説明したような給料の前借りは、出産、結婚、病気、災害等の緊急時にしか利用できません。(もちろん会社が認めればそれ以外の理由で前借りできる場合もあります)

ですので、緊急時以外の場合は、社員貸付制度(従業員貸付制度)でお金借りるしかありません。これは会社に借金するということです。

「社員貸付制度」は会社が任意で用意する福利厚生で、あなたの勤め先で用意されているかは不明ですので経理課などに確認してみてはいかがでしょうか。

社員貸付制度(従業員貸付制度)は、会社によってルールが違うので一概には言えませんが、勤続年数は短い人は利用できない場合もあります。

利息は消費者金融などと比べてとても低く設定されているところがほとんどで、金融機関で定める最低金利+α程度でお金を借りることが可能です。

借入限度額についも勤続年数や役職によって違ってきます。まだ年収が低い方は、借入可能額も少なく設定されます。この辺は消費者金融や銀行でお金借りる場合と同じですね。

返済方法は給料天引きが主な方法です。うっかり返済し忘れることがないのがメリットですが、お金を借り過ぎるともらえる給料が少なくなってしまうので注意してください。なお、返済期限は2年~5年に設定している会社が多いです。

▼社員貸付制度で借金が残っていると退職できない?

会社に借金が残っていても退職することはできます。従業員に貸付があることによって退職させなくする行為は法律で禁止されているからです。

もちろん、退職金があれば借金と相殺することも可能ですが、退職者が望まなければ退職金と借金を相殺させないこともできます。

ただし、借金があるのは退職後もかわらないので返済義務はもちろんあります。退職後も借りたお金はしっかり返済しましょう。

※社員貸付制度(従業員貸付制度)は会社によってルールが違います。カードローンなどと違い、保証人が必要な場合や資金使途が決まっている場合もあります。低金利でお金を借りれる魅力的な制度ですが、利用する前に規定を必ず確認してからお金を借りるようにしてください。

質屋でお金を借りる

質屋は、ブランド物や時計など買取サービスを行っている店舗だと思っている方も多いかと思いますが、質屋は物を預けて、それを担保にお金を貸してくれるサービスも提供しています。

最近は消費者金融・銀行のカードローンやキャッシングがお金を借りる手段として主流になってきているので、質屋がお金を貸してくれる所と認識している人は少なくなってきているようです。

最近は小さな町の質屋は少なくなってきましたが、大手では「大黒屋」、老舗だと創業95年の「さのや」が有名ですね。

「リサイクルショップ」と「質屋」の大きな違いは買取だけではなく、「お金を借りることができる」という点です。来店して持ち込んだ所有物を査定してもらえれば即日でお金を借りることができます。

高く査定してもらえる品は、ブランド物のバッグや財布、高級腕時計、ジュエリー、記念硬貨、金やプラチナ、カメラ、パソコンなどです。

無審査で信用情報も関係なくお金を借りることができるので、特にカードローン審査に通らない金融ブラックの方は、ご自宅にこれらのような品物があれば、質屋を利用してお金を借りるのも良い方法だと思います。

借入期間は大黒屋も、さのやも3ヶ月です。3ヶ月返済しないと預けた品物は質流れとなり、あたなの手元に戻ってきません。品物を質流れにしたくない場合は利息分だけでも支払えば回避できます。

利息は大黒屋で・・・

借入金額月利
1000万円以上0.95%
100万円以上1.25%
30万円以上1.5%
30万円未満店舗により異なる
引用:https://shichi.e-daikoku.com/interview/

この質屋「大黒屋」の金利を見たときに、アコムやアイフルなど大手消費者金融の18%に比べてかなり低く感じるかもしれませんが注意してください。

カードローンは年利ですが、質屋の場合は月利です。年利に直すと消費者金融の金利よりも大幅に高くなります。

ちなみに、消費者金融カードローンの利息は「貸金業法」で最高金利が年利20.0%に対し、質屋は質屋営業法が適用されるので年利109.5%です。

借入期間が3ヶ月で返済すればそれほど大きな金額にはなりませんが、借入期間が長いほど利息は大きくなりますのでご注意ください。

ただ質屋も賢く利用すれば、過去に延滞した方や債務整理経験者など金融ブラック状態で消費者金融や銀行でお金を借りれない方の強い味方になるでしょう。

質屋でお金を借りる場合のメリット・デメリット

▼質屋でお金を借りるメリット

・無審査でお金を借りることができる
・金融ブラックでもお金を借りることができる
・即日でお金を借りることができる
・大黒屋なら初回1ヶ月無利息
・年収の3分の1以上のお金を借りることができる
・大切な物を売らなくても大丈夫
・返済しなくても大丈夫
・無職でもお金を借りることができる

▼質屋でお金を借りるデメリット

・金利が消費者金融などと比べて高い
・返済しないと質流れになる
・品物がないとお金を借りれない
・価値ある品物が少ないと希望額を借りれない
・売却したほうが査定額が高い
・買い取り目的ならヤフオクやメルカリの方が高く売れる
・借り入れ・返済時は来店が必要

その他、質屋について詳しくは「質屋でお金を借りる!即日融資も可能」をご覧ください。

親・親戚・友人・彼氏(彼女)にお金を借りる

親や兄弟、親戚、友達、彼氏(彼女)など、知り合いにお金を借りる場合は、カードローンのように利息も付きませんし、審査もない、数百万単位ではない限り贈与税も発生しないので1番お得な借入方法といえます。

身内にお金に困っていることを知られても良い方や、過去に延滞や債務整理でブラックになってる方には良い借入方法かもしれません。

ただ、ぜいたく品を買うお金や、パチンコや競馬で使うお金、遊ぶお金など資金使途自由でお金を借りることができるカードローンと違い、親兄弟や親戚など身内からお金を借りる場合は、正当なお金を借りる理由が必要になります。

しっかりした理由がないと身内の場合、普通は貸してくれませんよね?私なら「競馬でお金使うから貸して」と言われたら、1秒で断ります。

ただ、お金を借りる理由が・・・
・教科書の購入代
・学費
・通院代
・生活費
などでしたら、相手によってお金を貸すかもしれません。

親・親戚・友人・彼氏(彼女)など知り合いからお金を借りたい場合は、しっかりとした理由を考えましょう。

知り合いからお金を借りる際のリスク

知り合いからお金を借りる際の最大のリスクは、金銭トラブルなどでこれまでの関係が崩れてしまうことです。「いつもまでに返済する」と約束してお金を借りる場合がほとんどですが、知り合いだと甘えが出て、つい返済の約束が疎かになってしまうケースも多いです。

お金を貸し借りしただけで、友人とあなたの間に上下関係ができてしまったり、借り入れのお願いをしただけで、友人関係が壊れてしまう可能性もあります。

また、特に親からお金を借りた方は、借りるのが癖になって、返済せずにどんどん借り入れがエスカレートして揉めるケースも多くあります。

よくニュースで金銭トラブルが元の事件が取り上げられていますよね?このようにならないよう知り合いからお金を借りる際は細心の注意をしてください。

お金を貸した方は、知り合いだと返済の催促をしづらい物です。お金を借りた側はしっかり約束を守りましょう。

司法書士や弁護士に依頼して法的に効力がある借用書を作成するとお金を貸した側は安心すると思いますので、できれば作成しましょう。

身内や知り合いと揉めるのを避けたい方は、消費者金融・銀行のカードローンやクレジットカードのキャッシング枠などを利用してお金を借りることも検討してください。

これらのリスクを知ったうえで、親や親せき、友達からお金を借りることを検討したい方は以下をご覧ください。

自動車を担保にお金を借りる(ノンバンク)

カードローンは無担保でお金を借りれるサービスですが、これは自動車を担保にしてお金を借りることができるローンです。「車で融資」「車金融」「自動車金融」と呼んでいる方もいます。

これは、質屋でお金を借りるのと同じように自動車を金融業者に預ける必要はなく「自動車の乗ったまま」お金を借りることができます。

この「車で融資」でお金を借りる方法は、通常の消費者金融や銀行のカードローンの審査に通過することができない金融ブラックの方でも利用することができます。

自動車を担保にお金を借りるメリット

▼車で融資は審査が甘い・緩い

自動車を担保にするので、無担保のカードローンに比べて審査が甘いので、過去に延滞や自己破産した方などでも利用しやすいのが「車を担保にてお金を借りる方法」です。

▼自動車を手放さずに売らずに乗ったままお金を借りれる

自動車を担保にお金を借りることができる「車で融資」は、自動車を引き続き使用することが可能で、しっかり期日までに返済をすれば担保にした自動車はあなたに戻ってきます。

※業者によっては質屋のように自動車を預けてお金を借りる方式を採用しているところもあります。

▼査定数十分、即日融資可能

「自動車金融」を提供しているほとんどの業者で、査定時間数十分、即日融資が可能です。

自動車を担保にお金を借りるデメリット

▼車の名義変更・車検証を預ける

この「自動車担保融資」の特徴は乗ったままお金を借りることができる点です。これは融資利用者にはとても便利ですが、貸金業者側からするとリスクです。そのため、貸金業者側は車検証を預かったり、自動車の名義をあなたから貸金業者に変更する手続きを行うことが多いです。

▼自動車を担保にするのに金利が高い

アコムやアイフル、レイクALSAなど大手消費者金融は18%、中小の消費者金融で20%と、消費者金融は高い金利でお金を貸していますが、これは無担保・保証人なしでリスクが高いローンだからです(貸金業者側にとって)。

ですので、担保を預けるローンの場合、金利はカードローンに比べて低くなるのが普通です。

しかし、「車で融資」は消費者金融並みの金利でお金を貸し出しています。

▼必要書類が多い

カードローンの必要書類は免許証のみで手軽にお金を借りることができますが、「自動車担保融資」の場合、車検証や免許証、自賠責保険証、印鑑証明や住民票、実印、などなど多数の必要書類を用意する必要があります。

▼査定額以上のお金を借りることはできない

あなたが所有する自動車の査定額以上にお金を借りることはできません。

▼返済できないと自動車を手放すことに

当然ですが、返済期日までにお金を返済できない場合は、担保にしている自動車は完全に貸金業者のものになり、手放すことになります。

▼グレー?違法?ギリギリの貸金業者も

自動車を査定してもったあとに融資をやめた場合、無料だと思ったのに査定料を取られたり、自動車の名義が貸金業者になったので「乗ったまま」お金を借りるにはリース料を支払わされたりすることもあります。

また、自動車に乗ったままお金を借りるのではなく、貸金業者に預けてお金を借りた場合も、自動車の管理費と称して手数料を取られる場合もあります。

利息を高くし過ぎると完全な違法になるので、手数料やリース料として利用者から高い金額を搾取しようと考えているのです。

自動車を担保にお金を借りる際の注意点

過去に延滞や債務整理をして消費者金融や銀行のカードローンを利用できない方にも、即日融資てお金を貸してくれるので、大変ありがたいと思う方も多いかもしれません。高い利息を払ってでもお金を借りたいと考えている方には便利だと思います。

実際にしっかり返済を終わらせて、自動車の名義も自分に戻り、自動車金融に感謝している方もいると思います。

しかし、自動車金融には上記で挙げたデメリットが多いのも事実です。その自動車金融は安全にお金を借りることができるのか?危険なのか?見分けるのは非常に難しいです。

そのため「お金を借りる即日融資110番」では、自動車金融を利用してお金を借りることをオススメしていません。

もし、どうしてもお金が必要な場合は、お金を借りることばかり考えずに、自動車を売却することも検討しましょう。

また、自動車が個人名義ではなく、法人(商用)として利用している場合は、東京スター銀行南日本銀行埼玉りそな銀行などの安全な銀行でも自動車担保融資を行っていますので、そちらを推奨します。







お金を借りる為の知識

カードローンでお金借りる

消費者金融でお金借りる